シボレー・カマロSS、LT RSの新型2019年モデルが日本でも発売!本国に設定されるZL1や歴代ハイパワーモデルの変遷を振り返る!

シボレー・カマロSS、LT RSの新型2019年モデルが日本でも発売!本国に設定されるZL1や歴代ハイパワーモデルの変遷を振り返る!
     
   

出典元:https://www.chevroletjapan.com/cars/new-camaro/model-overview.html

新型シボレー・カマロの特徴、2019年モデルで進化したのはどこ?

出典元:https://www.chevroletjapan.com/cars/new-camaro/model-overview.html

アルミニウムを使用した軽量ボディ

日本には2017年に登場したばかりの6代目新型カマロ。この6代目の特徴として5代目モデルから約90㎏も軽量化したボディが挙げられます。もちろん軽量化しただけではなく、剛性も28%強化。近年主流の高剛性、軽量化ボディとなりパフォーマンスの向上に大きく貢献しています。

またサスペンションにもアルミニウムやコンポジット材を使用したものを採用し21%の軽量化に成功、車両の安定性はもちろんのこと、加速性能や燃費性能にも貢献しています。

ブレンボブレーキやマグネティックライドコントロール装備

6代目カマロではカマロ史上初となるマグネティックライドコントロールを採用。これはシボレー独自の技術で、磁力で減衰力を制御するシステムです。

この磁性流体減衰力制御システムは1000分の1という速度で減衰力をコントロールすることを可能にしたシステムで、路面環境に即座に反応して車両に安定性をもたらします。

またブレンボ社製のハイパフォーマンスブレーキシステムを搭載しました。新型カマロSSのハイパワーなパフォーマンスを受け取るにはやはりブレンボ一択、ということでしょうか。

究極の制動力、そして耐久性を誇るブレンボが装備されているからこそ新型カマロSSもそのパワーを発揮できるというものでしょう。

2019年モデルはフロントとリアのデザインを刷新

出典元:https://www.chevroletjapan.com/cars/new-camaro/model-overview.html

2019年モデルではエクステリアのデザインが大きく変更されました。まずフロントグリルが一新され、カマロのトレードマークであるフロントグリル中央の「ボウタイ」はブラックになりグリルバーと一体化したスタイルに。

さらに中空化し、オープンボウタイへと変化しました。この仕様変更によってエアフローが増加し、冷却水やエンジンオイルの温度を従来モデルより低減することがが可能に。

ただのデザイン変更ではなくパフォーマンスの向上も考慮された変更だということですね。日本仕様では安全法規への対応の関係で全てのモデルで同じフロントフェイスが導入されるとアナウンスされています。

LEDヘッドライトも新しいデザインになりました。LEDシグネチャーライトバーが追加され、夜間の視認性を向上させるとともにより精悍な印象をもたらしています。

LEDリアコンビランプもデザインも変更になり、カマロ伝統のデュアルエレメントデザインが採用されました。躍動感のある立体的なデザインとなり、後姿を強く印象づけるかのようにレンズ周囲がブラックアウトされている点もポイントです。

新型シボレー・カマロの2019年モデルのラインナップは?

LT RS/コンバーチブル

新車情報カテゴリの最新記事