茨城の珍スポット「ガマ洞窟・ガマランド」は異世界!?ドライブしながら行ってきた!

茨城の珍スポット「ガマ洞窟・ガマランド」は異世界!?ドライブしながら行ってきた!
     
   

こんにちは、ドライブが大好きなライターのかしみんです。

移り変わる景色を眺めながらドライブしていると、なんだか心がリフレッシュされますよね!

そんなドライブ好きな私のために、茨城県のホンダカーズさんが協力してくれてる本連載。ドライブしながら行きたい、茨城県の観光スポットをご紹介しています。

今回行ってきたのは、知る人ぞ知る珍スポット。筑波山のお膝元にある「ガマランド・ガマ洞窟」です!

動かない遊園地やレトロな看板などがあって、まるで昭和の時代にタイムスリップしたかのよう。思わず写真を撮りたくなる、カオスな雰囲気が漂っていました。

ドライブしたのは11月中旬。筑波山は紅葉で、木々がきれいに色づいてましたよ。ロープウェイに乗って筑波山の自然も満喫してきたので、魅力をご紹介しますね。

<本記事は茨城県のホンダカーズさんにご協力いただいています>

茨城県のホンダカーズは、「県民のみなさんに、すてきなドライブライフを送ってもらいたい」という思いのもとホンダ車を販売。車を通して茨城県の魅力的なスポットを知ってもらいたいので、本記事でお出かけ場所を提案しています。

まずは車を貸してくれるホンダカーズへ!

ドライブ好きだけどマイカーを持っていない可哀想な私に、特別に車を貸してくれるホンダカーズさん。今回は、「ホンダカーズ土浦 中貫店」にやってきました。

「いつもは軽自動車やコンパクトカーばかりだけど、今日はちょっと冒険してみたい!」。そんな私のわがままを聞いてスタッフさんが貸してくれたのは「CR-V」です。

スタイリッシュでかっこいい!しかし、いつも乗っている車よりひと回り大きかったため、「運転できるかな、大丈夫かな……?」という心配が。

そんな私を見て、スタッフさんが「視界が広くて、女性でも意外と運転しやすいから選びました!」と言ってくれました。そこまで気にかけてもらえるのありがたい…!

ほかにも、「車内が広い」「滑らかな走り心地」などのメリットがあります。話を聞いていたら、なんだか運転したくなってきました。早速、ドライブしながら目的地まで行ってきます〜!

山道でもスイスイと運転できる「CR-V」

高速道路を使って「ガマランド・ガマ洞窟」へ行くには、「常磐自動車道 土浦北インター」「北関東自動車道 桜川筑西インター」「首都圏中央連絡自動車道 つくば中央インター」のどこかで降りましょう。それぞれインターを降りてから、40分ほど車を走らせれば到着します。

電車を使う場合は、JR常磐線の「土浦駅」から路線バスに乗って「筑波山口」まで向かい、3分ほど歩いて「沼田」まで。そこから筑波山シャトルバスに乗って「つつじヶ丘」で下車します。1時間20分ほどかかり、乗り換えも多いため、車で行くのが便利ですよ!

筑波山の山道を運転して向かいます。カーブが多いのですが、車高が高くて見通しが良く、かなり運転しやすかったです!

ガタガタとした道だって、ハンドルが取られることなくスイスイ。リアガラスが大きいため、バックミラーで後ろの様子もしっかりとチェックできましたよ。

車内も広くて、ドライブは快適!広々使える7人乗りだったので、大人数でワイワイとお出かけするのも楽しそうだなと感じました。

カーナビに「茨城県つくば市筑波1番地」と入れると別の場所に着いてしまったので、「筑波山京成ホテル」と入れてくださいね。

「ガマランド・ガマ洞窟」で異世界の雰囲気を満喫!

静かで滑らかな乗り心地に感動していると、目的地の「ガマランド・ガマ洞窟」に到着。

山の中腹には大きなカエルがいて、かなりのインパクト。異世界感がプンプンと漂います。

▲巨大なガマガエルがお出迎え

新車情報カテゴリの最新記事