fbpx

スズキ ハスラー 新型登場2019.12 ~ ますます遊べるKカー驀進中!

スズキ ハスラー 新型登場2019.12 ~ ますます遊べるKカー驀進中!
     
   

2019年も押し迫った12月24日に発表されたスズキの新型ハスラー。同日から注文を受け2020年1月20日から販売されることになりました。

初代ハスラーは、6年前に登場し登場時はあまりの人気から半年待ちまであった超人気車でした。累計販売台数は48万台にもなります。お披露目は、東京モーターショー2019で、ハスラーコンセプトとして出展。初代を越えるような「遊べるKカー」を目指して開発されたのです。

可愛さにプラスされたタフさ ~ エクステリア・インテリア

  • 引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/
  • デザインは、初代と見比べてもそれほどの違いがわかりません。初代のイメージを損なわないようにデザインした苦労の跡が伺えます。初代と新しくなった2代目ハスラーを見比べてみればわかることですが、実車ではパソコンや雑誌などの二次元からは分からないくらい別モノに仕上がっているのに驚かされます。

 

初代ハスラーの持ち味が可愛さならば2代目では可愛さ+タフさ(頑丈さ)が大きくプラスされています。先に登場したジムニーの要素が、ふんだんに取り込まれているのが良く分かります。特筆すべきは、窓の数が増え6ライトウインドウになったことです。リア側Cピラーにクォーターウインドウが新設され、明るい室内と広い視野を得ています。先代とハスラーをモチーフとしながら細部ではかなり異なったデザインにしているのは、ライバル車の登場からハスラーにも新たな魅了が必要なことからでしょう。

ボディサイズは、全長と全幅は全く同じながら、全高は15mm高くなりました。全長×全幅×全高=3395×1475×1680。ホイールベースは、2460mmで初代よりも35mm長くなりました。車内空間は2~3cm拡大されより広い空間を獲得しています。

フロントマスクは、丸型ヘッドライトが採用されていますが、傾斜はなくかなり立った感じがします。ボンネットは、単純なフラットではなくヘッドライトに合わせた丸みが左右にあり立体的です。ボディサイドにも、太めのキャラクターラインが入りアクセントをつけています。

ボディカラーは、3つのキャラクター「テンションMAX」・「ナチュラルテイスト」・「ニュートラル」があります。ボディカラーは、2トーンカラーはルーフがガンメタリックとホワイトの6色、単色のモノトーンは、5色で、合わせて全11色のボディカラーになっています。豊富なボディカラーで、同じハスラーに乗っていても、ボディカラーで被ることは少ないのではないでしょうか。 

インテリアは、遊べるKカーそのもの。インパネの大きな3つの縁取りが実に印象的です。

縁取りの色は、オレンジ・ホワイト・ブルーの3色から選択可能。運転席前の縁取りは、スピードメーターです。アナログのスピードメーターと燃料計やオドメーター、外気温などの各種情報が表示される4.2インチのカラー液晶が組み合わせられたコンビネーションタイプ。中央の縁取りには、OPで装備できる全方位モニターです。単体の価格は、5万2800円。

メモリーナビとのセット価格は、18万4800円です。左の助手席前の縁取りは、グローブボックスになっていて蓋がテーブル代わりになるように水平に開きます。助手席前の縁取りには、ゴム製のカラーコードがOPで付けられ気軽にパンフレットや雑誌、または駐車券など挟んでおけるので便利さがアップ出来ます。

シフトレバーは、インパネにつけられているインパネシフトです。ターボ車には、7速マニュアルモード付きパドルシフトになっています。全車フルオートエアコンが標準装備です。4WD車には、走行状況に合わせて使えるグリップコントロールと急な坂を下りるときに重宝するヒルディセントスイッチが付いています。さらに前席には寒い時にすぐシートが温まるシートヒーターが備わりそのスイッチもインパネ中央に付けられました。

助手席の裏側には後席用折りたたみ式のテーブルも備わり、車内でのくつろぎに便利になりました。助手席のシート座面の下には、小物入れのバケツがそなわりちょっとしたものが収納出来て便利です。さらに、カーゴルームの床下にも取り外し可能な収納ボックスがあります。汚れものを入れ、後で収納ボックスを水洗いできる便利さは、まさに使う人の身になって考えられた優れものですね。

後席は、分割可倒式でスライドとリクライニングが左右別々に出来ます。カーゴルームから簡単に後席を畳めて、簡単に荷室を広げられます。最近人気の車中泊も社台モデルに続き、新型ハスラーでも余裕で可能なのは嬉しいところ。何よりも助手席がたためることからかなり大柄な男性でも、広さを気にせず休まれることが可能です。

タフになったエンジン ~マイルドハイブリッド搭載

搭載エンジンは、660cc直3DOHCターボとNAエンジンの2つ。NAエンジンも改良され1気筒に2つのインジェクションが備わるデュアルインジェクションとなり最高出力は49PSとなりました。

ターボエンジンの最高出力は64PSとスペックでは変わらないものの全車にスズキの得意なエネチャージで培われたモーターアシストのマイルドハイブリッドが搭載されています。モーターアシストで、発進時のトルクが増えて楽々ドライブです。駆動方式は、FFと4WD。ミッションはCVTです。燃費は、NAが25.0km/Lそしてターボが22.6km/Lどちらも実燃費により近いWLTCモードで測定されています。

価格とグレード

グレードは、ベースのハイブリッドGと上級グレードのハイブリッドX。それぞれに、NAとターボがあります。価格は、136万5100円(ハイブリッドG FF)~174万6800円(ハイブリッドXターボ 4WD)です。

ディーラーOPには、車内に本格的な自転車を詰めるサイクルキャリア(1万9800円)やキャンプで便利なカータープ(3万9600円)などアウトドアにすぐに使えるようなOPが満載!です。

初代ハスラーを中古車購入

新型が登場すると現行モデルが旧型となるため値下がりします。2代目の新型ハスラーは、1月20日から販売開始されたので中古車が出回るのは半年先でしょうか。そのころになれば、初代ハスラーの中古車価格も徐々に下がってくるはずです。2020年1月の中古車価格は約39~250万円。平均価格は、約116万円です。

ドレスアップしカスタマイズして楽しむのも、6年もの間販売されていた初代ハスラーならパーツも豊富にあります。本格的オフロード走行では、ジムニーに負けてしまいますが、インチアップして雰囲気を楽しむのもいいのではないでしょうか。2インチさらに4インチアップは、なかなか迫力があってお勧めですね。

新車情報カテゴリの最新記事