レクサス・UXがいよいよワールドプレミア!注目のコンパクトSUVの最新情報に迫る【ジュネーブモーターショー2018】

レクサス・UXがいよいよワールドプレミア!注目のコンパクトSUVの最新情報に迫る【ジュネーブモーターショー2018】
     
   

昨今コンパクトSUVの需要はますます高まっており、各メーカーが最も力を入れて開発しているカテゴリーでもあります。トヨタ・CH-Rやマツダ・CX-3など、国内外問わず多くのコンパクトSUVが登場し、ユーザーから注目されています。

そんな人気カテゴリーで、新たにレクサスから様々な技術が搭載されたプレミアムコンパクトSUVが発売されます。

それが今年のジュネーブモーターショーで発表されたレクサス・UXです。

果たしてレクサス・UXの市販モデルは、どのようなデザインやスペックになるのでしょうか。ジュネーブモーターショーで公開された情報などを詳しく見ていきましょう。

レクサス・UXってどんな車?

現在、レクサスには「NX」「RX」「LX」と3つのSUVがラインナップされており、どのモデルも非常に人気があります。

NXはトヨタ・RAV4をベースに作られており、取り回しのしやすいコンパクトなデザイン。RXはハリアーをベースで作られており、ボディサイズ・収納スペースなど非常に実用的なものとなっています。

また、LXはランクルをベースに作られており、大型SUVといった位置付けになっているのが特徴です。

今回発表されて「UX」は、NXよりもさらにコンパクトで、発売以降人気を保ち続けているトヨタ・CH-Rをベースとしています。

非常にコンパクトなサイズで日本の道路環境にマッチするサイズ感が魅力の一台です。。

レクサス・UXのデザイン

エクステリア

レクサス・UXは、トヨタ・CH-Rをベースに作られていますが、どちらかというと「レクサス・CT200h」のSUVバージョンといった印象です。

CH-Rのような尖ったデザインではなく、流れるようなボディラインとなっており、非常にスタイリッシュな印象を受けます。また、フロントグリルもレクサスを象徴するスピンドルグリルが採用され、引き締まったデザインですね。

リアデザインもすっきりとまとめられていて、左右を貫通するリアコンビネーションランプが特徴的です。しかし、その他メッキパーツや過度な装飾はされておらず、レクサスのSUVモデルの中では、一番おとなしいデザインになっています。

新車情報カテゴリの最新記事