三菱・デリカD:5がビッグマイナーチェンジ!新型は内外装を大幅に刷新、アーバンギア新設定など5つの進化のポイントと11年の歴史を振り返る!

三菱・デリカD:5がビッグマイナーチェンジ!新型は内外装を大幅に刷新、アーバンギア新設定など5つの進化のポイントと11年の歴史を振り返る!
     
   

出典元:https://bestcarweb.jp/news/business/2397

三菱が2007年に販売を開始してから約11年の歴史を持つ三菱・デリカD:5がビッグマイナーチェンジされると発表がありました。

新型デリカD:5はどのような特徴があるのか、この記事で触れていきたいと思います。

11年目にしてデリカD:5がビッグマイナーチェンジ!新型の5つの進化のポイントとは?

出典元:http://blog-imgs-114.fc2.com/e/t/h/ethicallifehack/20170817064622ea4.jpg

新型デリカD:5には大きな変更点が5つあります。以下にそれをご紹介いたします。

ダイナミックシールドデザインを採用、ローデストに変わるアーバンギア新設定

フロントは三菱のグローバルデザインであるダイナミックシールドデザインを採用した影響か、スリーダイヤがより目立つような印象を受けます。

リアはテールランプとストップランプが分けられた為、発光部位が分かりやすくなっています。

またグレードはローデストに変わって「アーバンギア」が追加になっています。

直線基調のすっきりしたインパネ、ファブリック・レザーシートも刷新

インパネは特に大きな変更をかけました。

直線で分けたようなスッキリとしたデザインになり、ミニバンながらモダンな印象を受ける内装です。

標準装備のファブリックシートも一新しててざわりのいい起毛調生地に。有償オプションで本革シートに変更もできます。

ディーゼルモデルのみで8AT搭載、ミニバン最強のグランドクリアランス

現モデルでは6ATミッションですが、今回は全車ディーゼルで2段アップして8ATになり、このことでエンジン回転数を抑えてのドライビングが可能です。

またグランドクリアランスは前車より25mm低い18mmとなりました。

先進安全装備の採用

前車の弱点であった先進安全装備も新型デリカD:5では採用されています。

衝突被害軽減ブレーキシステムレーダークルーズコントロールシステムなどを追加し、セーフティ・サポートカーに対応させています。

ローデストに代わるエアログレードのアーバンギア新設定

今回の新型からはローデストに代わり、エアロ仕様の「アーバンギア」が新グレードとして誕生します。

低重心でスポーティーなイメージを受けるこのグレードは、

「TOUGH TO BE GENTLE」

をデザインコンセプトとして設計されたそうです。

2007年登場デリカD:5の歴史を振り返る!

出典元:http://kakaku.com/item/K0000287425/catalog/

デリカD:5は過去にマイナーチェンジはあったもののフルモデルチェンジは1度もありません。

マイナーチェンジだけを行ってきたデリカD:5の変化を、初代から振り返ってみましょう。

【2007年】デリカスペースギアの後継モデルとして登場、C2・ローデストなど続々モデル追加 

4WDのミニバンであるデリカスペースギアの後継モデルとして2007年1月に開発・販売開始されたのがデリカD:5。

その影響なのか当初はデリカD:5も4WDモデルしかありませんでしたが、同年5月に2WDモデルである「C2」が販売開始になりました。

またエアロパーツを標準装備し、スポーツタイプに仕上げた「ローデスト」も同時に発売。

新車情報カテゴリの最新記事