【車購入の基礎知識】クルマを買った後に必要な維持コストはどれぐらい必要?何をいつメンテナンスすればよい?

【車購入の基礎知識】クルマを買った後に必要な維持コストはどれぐらい必要?何をいつメンテナンスすればよい?
     
   

出典元:https://auto-style.jp/info_img/MST1371222000.jpg

車はどこを点検すればよい?法定定期点検と車検とは何が違う?

出典元:http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20171116/16/10100566/13/683x383x9f360c5ab7736510df54c882.jpg

車を運転に適切な状態に保つことはドライバーの義務です

なぜなら車に万が一不具合があって、事故などを起こしてしまった場合には、自分だけでなく周りの人にも損害が及ぶ可能性があるからです。

ですから、お互いに車を乗る人同士、悲しい結末にならないように、車はこまめにメンテナンスをする必要があります。

日常点検

まず、法律では三つの点検が推奨されています。

それは、日常点検、定期点検、車検の三つです。

日常点検では、普段の走行に支障がないかを簡単ではありますがチェックすることによって、不具合を早期に発見することを目的にしています。

まずは、ボンネットを開けて

  • エンジンルームのウィンドウォッシャー液の量
  • ブレーキオイルの量と色
  • バッテリー液の量
  • 冷却水の量
  • エンジンオイルの色と量

を確認します。

続いて車の周りを一周して、

  • タイヤの空気圧や亀裂がないか
  • 消耗具合(溝3mm以下でしたらそろそろ交換を考えるタイミングです)
  • ランプ類がきちんと点灯するか

を確認します。

最後は車に乗り込み運転席に座ったうえで

  • エンジンの掛りや音
  • アクセル/ブレーキペダル
  • パーキングブレーキの踏みしろと引きしろ

を確認します。

また、

  • ウィンドウォッシャー液の噴射状態
  • ワイパーのふき取りのチェック

も同時にできます。

日常点検の項目は基本的なことなのですが、意外に多く、実際にすべてこれを実施している方は職業ドライバーの方以外は少ないかもしれません。

しかし、日常的に運転の前にこれらを実施することによって、異常があれば何かおかしいな、とすぐに気づけるようになり、車の不具合も早期に発見できるようになります。

定期点検整備(12ヶ月点検、24ヶ月点検)

定期点検は一年ごとの点検になります。

日常点検では把握できない、よりメカニカルな部分を点検します。

法定点検には12か月と24か月の点検があり、その点検によってチェック項目が細かく定められています。

また分解整備が必要になるため、専門的な知識をお持ちの方以外はディーラーや民間整備工場にお願いするのが無難でしょう。

車検

車検は法律で定められた点検です。

一番基本的な自家用自動車で言えば、初回は3年、二回目以降は2年ごとで車検を受ける必要があります。

そしてこの車検が切れてしまうとその車を動かすことはできません。

ですから車検が切れる前に定期的に車検を受ける必要があります。

車検の場合は、整備、検査費用、自賠責保険、自動車重量税がかかります。

整備代に関しては最近ではいろいろな会社がありますから安く済ますことも可能です。

またユーザー車検といって自分で車を運輸支局に持ち込んで自分で車検を通すことも可能となっています。

ですが手続きは慣れていないと比較的難しいので、車検センターやディーラーに任せた方が無難であるとは言えます。

新車情報カテゴリの最新記事