イギリスの古参メーカー、アルヴィスが半世紀の時を経て復活!戦前・戦後のモデルを忠実に再現、日本でも販売開始で価格は4000万円から!

イギリスの古参メーカー、アルヴィスが半世紀の時を経て復活!戦前・戦後のモデルを忠実に再現、日本でも販売開始で価格は4000万円から!
     
   

出典元:http://www.thealviscarcompany.jp/downloads/booklet.pdf

アルヴィスとはどんな自動車メーカー?アルヴィスの代表モデルは?

創立は1919年、最初のモデルは10/30HP

出典元:http://www.thealviscarcompany.jp/downloads/booklet.pdf

イギリスの老舗自動車メーカーであるアルヴィスは、TGジョン・アンド・カンパニー・リミテッドとして1919年設立されました。これは創業者、TG・ジョンの名前にちなんでの社名です。

1919年は第一次世界大戦が終結した翌年であり、4年にもわたって繰り広げられた戦争がやっと終わり平和が戻ってきた反面、戦争で疲弊しきった世の中でもありました。

そんな時代に誕生したTGジョン・アンド・カンパニー・リミテッドは当時としては珍しかった4気筒エンジンを開発し、1920年に最初のモデルとなる10/30HPを世に送り出します。

翌年1921年には社名をアルヴィス・カー・アンド・エンジニアリング・カンパニー・リミテッドに変更。この「アルヴィス」という社名の由来はスカンジナビアの古代神話に登場する武器職人、アルヴィースに因んでいるのではないかともいわれていますが、いまだにはっきりとした答えは得られていないようです。

10/30HPは1923年ごろまで生産され、非常に評価も高くこのモデルによってアルヴィスの名は世間に知られるようになりました。

その後10/30HPは12/50Hへと進化しましたが、この12/50Hは現在でも高い評価を得ているモデルで、ヴィンテージ・スポーツカーとして一際存在感を放っています。

戦前はFFのレーシングモデルでルマン参戦、4.3リットルなどを生産

アルヴィスは1925年に世界初となるFF駆動のレーシングカーを開発し、1928年のルマン24時間耐久レースに参戦、1位と2位を独占するという快挙を成し遂げます

アルビスはこれによってFF駆動、そして独立懸架サスペンション、シンクロメッシュトランスミッションの先駆けとして更なる名声を手に入れることになりました。

1937年にはアルヴィス4.3リットルの生産を開始。これは当時最速エンジン搭載のスーパーカーともいえるモデル。

このアルヴィスの自信作の4.3リットルは150台生産される予定となっていましたが、1939年の第二次世界大戦の勃発によって生産が中止されてしまいます。結果としては73台しか生産されませんでした。

戦後は直6の3.0リットルなどを発売、1967年に乗用車の生産終了

戦時中はその技術力を買われ軍用車両や航空機エンジンなどを生産することになりますが、1945年に戦争が終結すると生産が再開され、1950年には新型の車体を使用して直6気筒3.0リットルのモデルなどを発表します。

しかし、戦前に好評を博していた4.3リットルのモデルの生産が再開されることはありませんでした。

その後1965年に資本がローバーに渡り、乗用車の生産は1967年に終了、その後は軍用車両を生産していくことになります。

復活したアルヴィスのコンティニュエーションシリーズとは?

戦前のモデルは当時の図面をもとにオリジナルモデルを忠実に再現

新車情報カテゴリの最新記事