リンカーン・アビエーター復活!ナビゲーターより一回り小さい3列シートのミドルサイズSUV、ハイブリッドモデルも発表!

リンカーン・アビエーター復活!ナビゲーターより一回り小さい3列シートのミドルサイズSUV、ハイブリッドモデルも発表!
     
   

出典元:https://www.lincoln.com/luxury-suvs/aviator/2020/gallery/

新型リンカーン・アビエーターの特徴は?

出典元:https://www.lincoln.com/luxury-suvs/aviator/2020/gallery/

フォード・エクスプローラーのプラットフォーム

現在の大統領専用車「ビースト」を手掛けていることでも知られているキャデラックと並び、アメリカの高級車メーカーとして著名なのがリンカーンです。過去にはリンカーンも複数の大統領専用車を納入していた実績を持っています。

1963年のダラスでのケネディ大統領暗殺の際、大統領が乗っていたのもリンカーン・コンチネンタルのオープンモデルでした。

そのリンカーンが2018年のニューヨーク・オートショーにて高級SUV、アビエーターを発表しました。この新型モデルは2代目となります。

リンカーンは1917年創業の歴史あるメーカーですが、1922年にはフォードに買収されてしまいます。当初は別会社として存在していましたが、1940年にはフォードのリンカーン部門へと吸収、合併されました。

2000年代初めごろにフォードはリンカーンの新車種にフォードのプラットフォームを流用する計画を実行し、このアビエーターもフォード・エクスプローラーをベースにして開発されたという経緯があります。

今回の新型アビエーターに採用された新しいプラットフォームは現在開発中であるとされる次世代のエクスプローラーにおいても使用されると見られています。

V6エンジンの”アビエーター”とハイブリッドモデルの“アビエーター グランドツーリング”

2代目となる新型アビエーターには、ガソリンモデルとハイブリッドの2種類のパワートレインが用意されました。

400ps/55.3kg-mを発揮する3.0LV6ツインターボエンジンを搭載したモデルを”アビエーター”、同じエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせ450ps/82.9kg-mという数値にまで引き上げたハイパフォーマンスなハイブリッドモデルは”アビエーター グランドツーリング”と設定されました。

いずれもトランスミッションには10速セレクトシフトATが組み合わされます。

3列シート6人乗り/7人乗り、3Dオーディオシステム搭載

出典元:https://www.lincoln.com/luxury-suvs/aviator/2020/gallery/

北米におけるリンカーンの顧客ニーズとして、3列シートのSUVがあるということ。そこでこの新型アビエーターは3列シートを備えたものになりました

レザーを贅沢に使用したインテリアはエレガントかつラグジュアリーな魅力を兼ね備えたものに。さらに室内に28個ものスピーカーを設置して最高の環境で音楽を楽しめるオーディオシステムの「Revel Ultima 3Dオーディオシステム」を搭載。

車内にいながらもまるでコンサートホールのような音質で音楽が楽しめます。また警告音にはオーケストラの演奏によるチャイムを使用。とことんまでこだわりつくしたものになっていますね。

路面スキャンなど先進装備も搭載

新型アビエーターの装備で注目を集めているのが前方の路面をセンシングするスキャン・システムの搭載です。

新車情報カテゴリの最新記事