fbpx

ポルシェ・718ボクスター/ケイマンにツーリングモデルの「T」を追加!エンジンはベースと同じ2リッターに6MT、車高はSより2センチダウン!

ポルシェ・718ボクスター/ケイマンにツーリングモデルの「T」を追加!エンジンはベースと同じ2リッターに6MT、車高はSより2センチダウン!
     
   

出典元:https://www.porsche.com/international/models/718/718-t-models/718-cayman-t/

ポルシェ・718ボクスター/ケイマンTの特徴は?

出典元:https://www.porsche.com/international/models/718/718-t-models/718-cayman-t/

ボクスター/ケイマンと同じ2リッターエンジンとショートストローク6MTの組み合わせ

ボクスターは1996年に初代が登場したロードスターモデル。このボクスターは1998年のポルシェジャパンの発足時に996型911とともに日本に最初に導入されたモデルで、911と並んで日本に洗練されたポルシェのイメージを持ち込んだモデルでもあります。

ケイマンはこのボクスターから派生したモデルで、2005年に初代が登場。この2モデルは多くの部品を共有する兄弟モデルといえるでしょう。現行モデルはボクスターが4代目、ケイマンが3代目にあたりますが、現在は718ボクスター/ケイマンと名称が変更されています。

この718ボクスター/ケイマンにTモデルが登場するのは今回が初。エンジンは通常モデルと同じ300psを発揮する2.0L水平対向4気筒ターボエンジンが搭載され、ショートストローク6速MTが組み合わされています

トランスミッションはオプションでデュアルクラッチ式ATの7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)も選択可能です。

トルクベクタリング、車高ダウンと強化マウントで走りの性能アップ

この718ボクスター/ケイマンにはPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)のスポーツシャーシが採用され718ボクスター/ケイマンSよりも20㎜車高がダウンしました。

加えてコーナーでの安定性や操作性を向上させるPTV(ポルシェ・トルク ・ベクタリング)も標準装備され、”T”のモデル名に恥じない走行性能を身に着けた仕上がりになっています。

専用20インチホイール、スポーツクロノやスポーツエキゾースト標準装備

今回発表された718ボクスター/ケイマンTの装備はかなり豪華な内容になっています。

サーキットでの走りを楽しむ方には嬉しいローンチコントロール、シフト時間の短縮やシフトポイントの最適化を測り架装性能を最大限まで引き出すレーシング・シフトプログラム、そして718ボクスター/ケイマンに初めて採用されたというスポーツレスポンスなどを搭載したスポーツクロノパッケージが標準装備されます。

また専用のハイグロスチタングレーの20インチホイール、クールで引き締まった雰囲気をもたらすブラッククロームメッキが施されたツインテールパイプのスポーツエキゾーストを装備。エクステリアでも特別感を演出します。

軽量化された内装、GTスポーツステアリング標準装備

出典元:https://www.porsche.com/international/models/718/718-t-models/718-cayman-t/

走行性能の向上の為に軽量化が図られたため、718ボクスター/ケイマンTではポルシェ自慢のインフォテイメントシステムPCM(ポルシェ・コミュニケーションマネジメント)はレスオプション化されました。

代わりに大容量の収納ボックスが設置されています。こういうタイプのクルマは収納が少ないので、この収納ボックスが意外にお役立ちかもしれませんね。

もちろんナビシステムが欠かせない、最新のインフォテイメントシステムも欲しいという方には無償でセットしてくれますのでここはオーナーのお好み次第ですね。

ポルシェ・718ボクスター/ケイマンTとその他のモデルのスペックの違いは?

出典元:https://www.porsche.com/microsite/718/japan.aspx#home

ボクスター/ケイマン

ベースグレードとなるこのボクスター/ケイマンには20.L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は300ps、最高トルクは380Nmを発揮します。

ホイールは18インチ。トランスミッションは6速マニュアルと7速PDKから選択が可能ですが、PDKとスポーツクロノパッケージを装着した場合、0-100㎞/h加速は4.9秒、最高速度は275㎞/hです。

ボクスター/ケイマンS

上位グレードとなるボクスター/ケイマンSにはベースグレードよりもボアアップした2.5Lのエンジンを搭載。このエンジンには911ターボ由来の可変タービンジオメトリー(VTG)が採用されています。

911ターボによって実力が証明されたこのVTGを718ボクスター/ケイマンSに最適な状態にチューンナップし、高い最高出力350psを確保。最大トルクは420Nmと、ベースモデルよりも大幅にアップしました。

最高速度は285㎞/h、スポーツクロノパッケージでローンチコントロールを利用すると0-100㎞/h加速は4.2秒までに縮まります。

ボクスター/ケイマンGTS

”妥協”という二文字を無縁のものにしたこの718ボクスター/ケイマンGTSは、ボクスター/ケイマンのこれまでの最高峰モデル。ポルシェが持てるテクノロジーを全てつぎ込んだ傑作ともいえるでしょう。

エンジンのパワー、効率アップに貢献するDFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)、可変バルブ・リフト機能を備えたバイオカム・プラスや激しいスポーツ走行時においてもオイルの供給を安定化させエンジン効率をよくするポルシェの独自秘術を搭載したハイスペックな2.5Lターボエンジンを搭載。

もちろん718ボクスター/ケイマンSに搭載されているVTGも採用、さらにターボチャージャーも最適化され最高出力は365ps、最高トルクはマニュアルで420Nm、PDKで430Nmという数値を誇ります。

最高速度は290㎞/h、0-100㎞/h加速はスポーツクロノパッケージを搭載したPDK仕様車では4.1秒という加速性能になっています。

スパイダーとGT4は?

出典元:https://www.porsche.com/japan/jp/motorsportandevents/motorsport/customerracing/racingcars/718-cayman-gt4-clubsport/

ボクスターの上位モデルであるボクスター・スパイダーは2003年に550スパイダーのデビュー50周年記念としてボクスターS 550スパイダーエディションという特別仕様車という位置付けで登場。

その後2代目ボクスターにはボクスター RS60スパイダーなどの限定モデルも発売されましたが、2009年にはカタログモデルとして登場することになります。3代目にも引き続き設定され、2015年には日本にもお目見えしましたね。

4代目である718ボクスターはいまだにスパイダーの発表がありませんが、2018年の8月にはニュル北コースで高速テストに挑むボクスター・スパイダーの姿が目撃され、さらに10月にはカモフラージュなしで公道を走る姿がリークされています。

おそらく間もなくのワールドプレミアとなるのではと予想されています。

また、今年2019年の1月3日にはケイマンのレーシングモデル、718ケイマンGT4 クラブスポーツが発表されました。

これは2015年に登場した2代目の981c型をベースとしたケイマンGT4 クラブスポーツの後継にあたるモデルです。

先代のケイマンGT4 クラブスポーツは、ポルシェのフラッグシップモデルである911カレラのベースモデルを超す性能のエンジンの搭載で大きな話題を呼んだモデルでした。

718ケイマンGT4 クラブスポーツでは、量産レーシングカー初となるナチュラルファイバーコンポジット素材を使用しているとのこと。また搭載されるエンジンは最高出力431psを発揮する3.8Lの水平対向6気筒ガソリンNAエンジンです。

モータースポーツ向けの”コンペティション”とアマチュア向けの”トラックデイ”の2つの仕様が用意されました。

また最新情報では、1月18日に718ケイマンGTラリーの量産を発表。FIA R-GT レギュレーションに対応したものになるようです。

ポルシェのTモデルの歴史

約50年前に登場した911T

今から約50年前、1968年に初めて”T”モデルが登場しました。記念すべき最初の”T”モデルは901型911をベースにした911T 。当時は912の後継機としての位置付けでした。

軽量でスポーツカーファン向けのチューンナップが施されたモデルです。

991型の911カレラT

出典元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-carrera-t/

初めての911Tの登場から約半世紀たった2017年、991型の911カレラTが登場しました。軽量ガラスを使用し吸音材も削減、さらに今回の718ボクスター/ケイマンと同じくインフォテイメントシステムが省略され徹底した軽量化が図られています。

エンジンは3.0L水平対向6気筒ターボエンジン。最高出力370ps、最高トルクは450Nmという数値になっています。

911シリーズに引き続き”T”モデルが設定された718ボクスター/ケイマン。その名に恥じない走りを日本で披露してくれるのはいつ頃になるのか、今後のポルシェ・ジャパンのアナウンスに注目ですね。

 

関連記事:【特別連載企画】絶対に買って後悔しない! ポルシェの魅力

新車情報カテゴリの最新記事