fbpx

新型ホンダ・フィットいよいよ発売!ライバルコンパクトカーと燃費や価格を徹底比較!

新型ホンダ・フィットいよいよ発売!ライバルコンパクトカーと燃費や価格を徹底比較!
     
   

ホンダのコンパクトカーを代表するフィットが2019年になり、いよいよ発売されます。

 

初代フィットから現行モデルとなる3台目まで爆発的な人気をキープし続けるフィットですが、新型フィットでは、新開発のハイブリットシステムや先進安全運転支援システム「Honda SENSIBG」をグレードアップさせることで今以上の人気と売り上げが期待されている状況です。

 

新型フィットの特徴やランバルコンパクトカーの燃費や価格面での違いについて詳しく解説していきます。新型フィットの情報が気になる方は是非参考にしてみましょう。

 

 

新型ホンダ・フィットの特徴は?旧型とどこが変わった?

出典:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/type/

新型フィットの外観、ボディサイズはどう変わった?

外観の特徴としては、フロントフェイスを一新したことで、より低重心でありながらもワイド感を強く強調した一台になると予想されています。

 

他にも、インラインタイプのLEDヘッドを新しく採用したことで先進性とスポーティ性溢れる車になるとの情報も。

 

軽自動車と普通車の中間サイズに位置するコンパクトカーでは、小回りのききやすさや車内により多くの荷物を積み込めるなど、コンパクトなサイズ感だからこそのメリットがあります。

 

しかし、最新型となる新型フィットでは現行モデルと比べてボディサイズが4mを超えるかもしれないという情報を入手しました。全幅については、5ナンバーズギリギリののサイズ感が予想されています。

 

【現行モデルと新型モデルのボディサイズの違いを比較】

全長:(現行モデル)3,900mm(新型モデル)4,050mm

全幅:(現行モデル)1,695mm(新型モデル)1,695mm

全高:(現行モデル)1,520mm(新型モデル)1,520mm

ホイールベース:2,500mm(新型モデル)2,530mm

 

新型フィットのインテリアの特徴は?

新型フィットのインテリアでは、グレードによって質感が違う6種類のシートを採用するほか、アウトドアや旅行など、利用者のプライベートに合わせて使いこなせる4種類のシートアレンジを用意しています。

 

大きな書類を収納できるグローブボックスやフィット感のあるセンターコンソロールなど新型フィット独自の内装感を楽しめる一台でしょう。

 

新型フィットに搭載されるエンジン・ミッションは?

新型フィットの外装や内装について気になる方もいるかもしれないが、ホンダのハイブリッドタイプ史上最新型に位置する2モーターハイブリットシステム「SportsHybrid i-MMD」がエンジン・ミッションに搭載されることも注目を集めています。

 

i-MMDモーターでは、発電とモータ駆動の2つを同時に行うことで走行速度によって回転数の違いがなくなり、常に安定した回転数で走行できます。

 

常に自動車業界の最先端技術を備えるホンダだからこそのエンジン性能です。

 

新型フィットに搭載される安全装備・先進技術は?

4代目フィットには、ホンダセンシングを全車標準装備に設定すると予想されており、現状の安全装備以上の新機能や新性能が搭載される情報を入手しました。

 

先進技術には誤発進抑制機能や歩行者事故低減ステアリングなど、ホンダが誇る安全技術を全て一台に詰め込んでいることが予想されています。

 

電動パーキングブレーキに変更されることも夢ではないのではないでしょうか。

 

ホンダ・フィットの歴史を振り返る

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/87/2001_Honda_Fit_01.jpg/1024px-2001_Honda_Fit_01.jpg

センタータンクレイアウトを採用した初代フィット

コンパクトカーの名前を世に広めた初代フィットには、当時の自動車業界の中では革新的な技術であるセンタータンクレイアウトが新しく採用されました。

 

センタータンクレイアウトのパッケージにより、世界各国で200万台以上の売り上げを記録するベストセラー商品になっていったのです。

 

ハイブリッドモデルやシャトルも追加された二代目フィット

初代フィットにはセンタータンクレイアウトを採用したことで、多くの方が使いやすい車として人々の暮らしに定着していきました。

 

2代目フィットでも、センタータンクレイアウトを引き続き採用し、走行性能、スペースユーティリティの3つにこだわったモデルになっています。

 

また、2代目モデルからはハイブリットモデルやシャトルも追加されたことも注目を集める1つのポイントです。

 

モデューロスタイルなど新グレードも登場した三代目フィット

モデューロスタイルなどの新グレードも登場した3代目フィットでは、グローバル市場においてホンダ最良販売を目標に掲げて販売されました。

 

フルタイム4WDとFFの2種類で構成された現行版フィットは、上質ながらも走行フィールとトップクラスの燃費性能を誇るモデルとなっています。

 

新型ホンダ・フィットとライバルコンパクトカーの燃費やスペック、価格を徹底比較!

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cb/Toyota_Vitz_HYBRID_U_%28DAA-NHP130-AHXEB%29_front.jpg/1024px-Toyota_Vitz_HYBRID_U_%28DAA-NHP130-AHXEB%29_front.jpg

トヨタ・ヴィッツ(新型)

トヨタ・新型ヴィッツでは燃費性能と外観デザインを強く追求した車です。

 

【トヨタ・ヴィッツのスペック】

・全長:3,940mm

・全幅:1,695mm

・全高:1,500mm

・ホイールベース:2,510mm

・車両重量:970kg

・直列3気筒1L、1.3L。1.5Lガソリン

・燃費性能:1.5Lハイブリットシステム:34.0km/L(新型ヤリスハイブリット:36.0km/L)

 

【価格】

・HYBRID U/HYBRID U“Sportyパッケージ”:207万円〜

・U/U“Sportyパッケージ”:178万円〜

・F/F“SMART STOPパッケージ”/F“Mパッケージ”:118万円〜

・HYBRID Jewela:197万円〜

 

日産・ノート

現行版モデルに加えて、ノートe-POWERの2種類をラインナップ商品として大ヒットしている日産・ノートでは、燃費性能とコンパクトなサイズ感にこだわった車になっています。

 

【日産・ノートのスペック】

・全長:4,100mm〜4,165mm

・全高:1,695mm

・全幅:1,520mm〜1,535mm

・ホイールベース:2,600mm

・車両重量:1,365kg

・DOHC水冷直列3気筒エンジン

・燃費性能:18.0km/L〜19.0km/L

 

【価格】

・日産・ノートS〜:142万円〜

・日産・e-POWER:190万円〜

 

 

マツダ・MAZDA2

低燃費と最新型となるパワートレインを搭載したモデルとして改善されたマツダ・MAZDA2では、社名を車種に付ける大胆なコンセプトを掲げて販売されました。

 

【マツダ・MAZDA2】

・全長:4.065mm

・全幅:1,695mm

・全高:1,500mm

・ホイールベース:2,570mm

・車両重量:1,250kg

・エンジン:SKYACTIV-G1.5 直列4気筒1.5Lガソリン、SKYACTIV-D1.5 直列4気筒1.5Lディーゼルターボ

・燃費性能:(1.5Lガソリン19.0km/L〜21.0km/L)(1.5Lディーゼル:25.0km/L〜26.0km/L)

 

【価格】

・5C:FF 139万円 4WD 159万円

・15S:FF 149万円 4WD 165万円

・15S touring:FF 173万円 4WD 193万円

・15S Touring L Package:FF 181万円  4WD  201万円

 

スズキ・スイフト

ステアリングフィールとハンドリングの良さに好評がある、スズキ・スイフトは、初代から現行版となる3代目まで続くロングヒットセラー商品です。

 

【スズキ・スイフトのスペック】

・全長: 3,890mm

・全幅:1,695mm

・全高:1,510mm

・ホイールベース:2,430mm

・車両重量:1,040kg

・エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ デュアルジェット

・燃費性能:19.0km/L〜26.0km/L

 

【価格】

・スズキ・スイフトXG:134万円〜

・スズキ・スイフトXG:145万円〜

・スズキ・スイフトXR Limited:150万円〜

・スズキ・スイフトXL:155万円〜

 

新型ホンダ・フィットの発売時期は?

出典:https://pixabay.com

東京モーターショー2019で市販モデルを公開

コンパクトカーの中心車として実用的でお買い得なフィットですが、新型ホンダ・フィットの発売時期はどうなるのでしょうか。

 

最新情報では2019年の秋に開催される東京モーターショー2019年で市販モデルを公開すると八郷社長(ホンダの社長)が述べました。

 

東京モーターショーに合わせて新型フィットが公開されると予約注文が2019年の8〜9月、販売時期が2019年の10月〜11月が予想できます。

 

発売前ということもあり、詳しく詳細まではわかりませんが、新型ホンダ・フィットが発売されるのをもうしばらく待ちましょう。

新車情報カテゴリの最新記事