アウディ初の市販EV、eトロン(e-tron)55クワトロ欧州で発売!航続距離は400km以上、サイズはQ6クラスで価格は1000万円級!

アウディ初の市販EV、eトロン(e-tron)55クワトロ欧州で発売!航続距離は400km以上、サイズはQ6クラスで価格は1000万円級!
     
   

出典元:https://www.audi-mediacenter.com/en/press-releases/electrifyingly-fun-to-drive-the-audi-e-tron-10733

アウディ初の市販EV、eトロン(e-tron)55クワトロの特徴は?

出典元:https://www.audi-mediacenter.com/en/press-releases/electrifyingly-fun-to-drive-the-audi-e-tron-10733

アウディQ5とQ7の中間サイズのSUV

アウディ初の市販EV車となるeトロン 55クワトロは、アウディの最上級クラスのクロスオーバーSUV「Q7」とそれに次ぐクラスの「Q5」の中間のボディサイズです

eトロン 55クワトロのボディサイズとこの2モデルのボディサイズを比較してみましょう。

  全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
eトロン 55クワトロ 4,900 1,930 1,666
Q7 5,070 1,970 1,735
Q5 4,680 1,900 1,665

まさに中間サイズですね。国産SUVでいえばマツダ・CX-8などと同等のサイズ感です。

前後にモーターを搭載、回生システムを搭載した初の市販EV

今回のeトロン 55クワトロは前後に1つずつ、計2つのモーターを使用したデュアルモーター式になります。出力はフロントモーターが125kW、リアモーターが140kW。

このeトロン 55クワトロには新開発のブレーキシステムが搭載されており、モーターと連動してブレーキング時のエネルギーを高効率で回収して再利用する回生システムを搭載した電気油圧式ブレーキ制御システムです。

この電気油圧式ブレーキ制御システムは、このeトロン 55クワトロが市販EV車としては初の搭載となります。

最大150kWの急速充電にも対応のバッテリー搭載、航続距離は400km以上

eトロン 55クワトロに搭載されているバッテリーは高性能、小型で軽量のリチウムイオン。高級ハイブリッド車には必ず搭載されていますね。

容量は95kWhとかなりの大容量。ジャガー・I-PACEやメルセデスベンツ・EQ Cを上回るサイズです。航続距離はWLTPドライビングモードでなんと驚きの400㎞以上という数値。

長距離ドライブにも充分対応できる性能ですね。

もちろん急速充電にも対応していますが、このバッテリーは市販車としては初となる最大150kWでの急速充電が可能になっています。その結果、充電時間は約30分。たった30分で充電が完了するとは、凄いですね。

今後このeトロン 55クワトロに搭載されている充電システム・バッテリーはアウディが属しているフォルクスワーゲングループ内のモデルにも順次使用される見込みとなっているようです。

シルバーのシングルフレームグリル、カメラ式でミラーレス化

フロントマスクにはシルバーのシングルフレームグリルが採用され、Q7やQ5とは一風違った雰囲気に。 これはeトロンとして他のモデルとの差別化を図った、というところでしょう。

ドアミラーにアウディは初設定となる「バーチャルエクステリアミラー」を採用。従来のドアミラーの位置にカメラを設置し、ドアの内側に設置されたモニターに映像を映し出すというものです。

複数のカメラを搭載しているので様々な角度から映像を捉えることができ、従来のドアミラーよりも周囲の状況を確認しやすい上、空力性能も向上し航続距離の延長に貢献しているといいます。

新車情報カテゴリの最新記事