【国沢光宏の言いたい放題】「マニュアル」免許はもう不要!?MT車の魅力に迫る【第10回】

【国沢光宏の言いたい放題】「マニュアル」免許はもう不要!?MT車の魅力に迫る【第10回】

毎週水曜日更新!「国沢光宏の言いたい放題」

この動画は、自動車評論家の国沢光宏先生が、クルマにあまり詳しくない初心者に向けて、「分かりやすく」「言いたい放題」解説する動画です。

国内販売の9割以上がAT車、マニュアル免許は本当に必要?

日本自動車販売協会連合会によると、2016年に国内で販売された乗用車(軽自動車と輸入車除く)のうち、98.4%がAT車とのこと。さらに、警視庁によれば普通免許をAT限定で取得する人の割合は合格者全体のうち59%に達しているようです。

このように、日本ではクラッチ操作を行う「マニュアル車」よりもAT車が多くを占めています。

果たしてマニュアル免許は今の時代に本当に必要なのでしょうか? 「国沢光宏の言いたい放題」10回目となる今回は、あえてMTで免許を取るメリットや価値などを国沢先生に伺い、MT車の魅力に迫ってみます。

若者のAT限定取得者は増えている?

牧野:緒方さんに質問なのですが、今免許はお持ちでしょうか?

緒方:はい、持ってます。

牧野:その免許はAT限定ですか?

緒方:そうですね、私はAT限定です。

国沢:牧野君はどうなの?

牧野:僕はMT車も乗れる免許ですね。免許を取るときに親から「将来役に立つからMTも乗れる免許を取っておきなさい」って。それで、緒方さんはどうやら免許を取るときにちょっとしたエピソードがあったようで。

緒方:そうなんですよ。女性の方は特にAT限定が多いと思うのですが、私もあまり器用ではないのでAT限定で取ったんです。それで、自動車学校卒業後に嬉しくておじいちゃんに報告に行ったらその場でケンカになっちゃったんです。

国沢:えっ、おじいちゃんと? なんで!?

緒方:おじいちゃんは私にMT免許で取ってほしかったみたいなんです。ちょうどMT車を持っていて、そのまま孫にあげようと思っていたみたいで。

国沢:おじいちゃんは何のクルマに乗っていたの?

緒方:あまり詳しくないので分からないのですが、軽自動車でした。

国沢:珍しいね、軽のMTってそれこそ軽トラックくらいしか思いつかないね。

牧野:そんな感じで若者は最近やっぱりAT限定で免許を取得することが多いみたいですね。

国沢:そうなの!? 今から10年くらい前は増えていたけど、今はそんなに増えていないって話を聞きましたね。それこそ最近の学生さんは意外と男の子はマニュアル免許が多いらしいですよ。

牧野:僕は元々田舎の出身で、大学生になったらすぐに免許を取りに行くって人が多いですが、確かにMTとATで半々くらいだったような気がします。

国沢:というか、自動車免許って国がくれる資格じゃないですか。普通、国家資格って2万で上のランクのものが取れるなら取得しませんか?

緒方:確かにそうですねぇ。

国沢:きっと牧野君の親御さんも、2万で制限のなく色んなものに乗れる免許がいいって考えたと思うんです。普通はそういう考えになりませんか?

牧野:そうですね、そういう考えになりますよね。

国沢:都内の学生さんは別として、地方の学生さんはどうせ免許取るならMT免許で取るって人が多いと思います。今、AT限定が増えてきているって言いましたけど、むしろ横ばいからマニュアルが増えてきていると思います。今、32歳ぐらいから上の人って基本的に車に乗りたくないんです。クルマを買う時も「ATしか買わないよ」と。

次ページ ズバリ!マニュアル車の魅力とは?

carteacher

評価レビューカテゴリの最新記事