憧れのオープンカー、マツダ・ユーノスロードスターってどんなクルマ?トヨタ・MR-Sと比較してみる

憧れのオープンカー、マツダ・ユーノスロードスターってどんなクルマ?トヨタ・MR-Sと比較してみる

皆さんはライトウェイトスポーツというカテゴリーのクルマをご存知でしょうか?

ライトウェイトスポーツとは読んで字の如しで、軽量のボディーをもつスポーツタイプの乗用車です。もう少し補足すると排気量は2,000cc未満のクラスで走行性能に重点を置いて設計されたクルマということになります。

クルマという存在の捉え方は人それぞれで、車の用途、デザイン、性能も実に幅広いバリエーションを持っています。今回はライトウェイトスポーツのカテゴリーの中でも走りとスタイルに特徴のあるオープン2シーター(2人乗りオープントップ)として地位を確立した初代マツダ・ロードスターをピックアップし、その魅力を解説していきます。

スタイリッシュなオープン2シーター、ユーノスロードスターとは?

マツダ・ユーノスロードスターは発売当初から国産オープン2シーターとして脚光を浴び、このクラスでの地位を確立。現在では、初代から数えて第4世代まで登場しています。

しかし、それぞれのロードスターの歴史を語ろうとすると、それだけで長い物語となってしまいます。そこで、ここでは初代のユーノスロードスターに絞って解説していきます。

初代ロードスターの外観はリトラクタブルライトを採用した丸みを帯びたすシンプルかつスタイリッシュなオープンエアタイプのボディーは正に開放感溢れるスポーツカーのイメージそのものです。その走りは軽量化の結果、1,600ccでありながら実に小気味よいキビキビとしたハンドリング感覚を持っています。

実用面では、幌の開閉は手動式であるため、突然の雨や悪路の砂埃、トンネルの排気ガスを避けるためには一旦停車して幌を閉める必要があります。これはオープンカーの宿命ですが、開放感の爽快さからすれば些細なことと言えるかも知れません。

また、ラゲージスペースは狭いながらもリアにトランクルームを備えています。

ロードスターのライバル、トヨタ・MR-Sと比較

carteacher

評価レビューカテゴリの最新記事