【国沢光宏の言いたい放題】日本カー・オブ・ザ・イヤー発表目前!今年の大賞候補を大胆予想【第12回】

【国沢光宏の言いたい放題】日本カー・オブ・ザ・イヤー発表目前!今年の大賞候補を大胆予想【第12回】

毎週水曜日更新!「国沢光宏の言いたい放題」

この動画は、自動車評論家の国沢光宏先生が、クルマにあまり詳しくない初心者に向けて、「分かりやすく」「言いたい放題」解説する動画です。

今年の栄冠はどのクルマなのか?日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-18

毎年恒例である日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会・表彰式がいよいよ来週12月11日(月)に迫っています。

既に先月10ベストカーが発表され、ノミネート車から候補が10車種に絞られました。

果たして、今年の大賞はどのクルマに与えられるのでしょうか。今回は10ベストカーをおさらいしつつ、大賞候補に迫っていきます。

10ベストカーを1台ずつおさらい!

牧野:今回はいよいよ来週発表に迫りました日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-18の話とさせていただきます。先日、カーオブザイヤーのHPにて「10ベストカー」が発表され、10車種がノミネートされました。その中から来週大賞が決定されるということで。さらに国沢先生はカー・オブ・ザ・イヤーの選考委員を兼ねていらっしゃいます。その国沢先生から今回はカー・オブ・ザ・イヤーを大胆予想していただきたいと思っています。

国沢:まずは候補から見ていきますか。

牧野:1つ目のクルマはトヨタ・カムリですね。

国沢:カムリを見てどう感じますか?

緒方:ネットでも見てきたのですが、どれを見た中でも一番いいのかなと思いましたね。カッコいいというイメージです。牧野さんはどうですか?

牧野:僕の家の近くにトヨタのディーラーがありますが、やっぱりそのディーラーさんの店頭にもカムリが置いてありますし、トヨタの中でもかなり推しているのかなという感じがありますね。

国沢:推す推さないは関係ないでしょ。買う人が決めるわけですからね。

牧野:僕の個人的な感覚ではないかなぁという感じです。

国沢:アルファロメオ・ジュリアはどうですか?

牧野:これまでの大賞に輸入車が選ばれてないですよね。

国沢:輸入車ダメなんですか? ゴルフは選ばれていますよ?

牧野:確かにそうですね……。でも見た目はいかにもイタリア車って感じはしますよね。

緒方:中にイケメンのお兄さんが乗っていたら似合いそうですね。

国沢:まあ、悪くはないと思いますけどね。でも、日本のCOTYかと言われたら疑問ですね。続いてシトロエン・C3

緒方:これはまた今までの2車種とまた違うタイプですね。

国沢:意外と安いんですよ。200万くらいで買えます。

緒方:そうなんですね。もっとしそうなイメージでした。

牧野:乗ったことがないのでイメージで言うのですが、シトロエンのイメージってプジョーと比べて冒険しているという感覚ですので、このC3もどうなのかなぁという感想です。

国沢:それではこれはどうですか? レクサス・LC。

緒方:これは乗る方が限定されてきそうなイメージです。

国沢:確かにみんなが買うようなクルマではないですね。元々台数も売れるものではないので。

牧野:見た目が完全にレクサスですよね。

国沢:これわざとやってるんですよ。ベンツやBMWって顔が一緒でしょ。同じようにレクサスって一発で分かるようにしているんです。これってヨーロッパ的な考えで、レクサスってアメリカで売れるクルマだから。アメリカのクルマってみんな同じ顔をしてないので、合わせる必要はないと思いますけどね。

緒方:アメリカの方も一緒であることを好むイメージはないですけどね。

国沢:そうなんです。別にアメリカ人も一緒じゃないとダメってこともないですよ。ですから少し古い考えかなと私は思いますね。

次ページ 10ベストカー残りの5車種もおさらい!

carteacher

評価レビューカテゴリの最新記事