茨城のS級心霊スポットで合成ソフトを使わずに心霊写真っぽい写真が撮れるか試してみた【後編】

茨城のS級心霊スポットで合成ソフトを使わずに心霊写真っぽい写真が撮れるか試してみた【後編】
[PR by Honda Cars IBARAKI]
【登場人物】
牧野(26)/イキクル編集担当ディレクター、独身。いつも上司の林Pの無茶ぶりの犠牲となっている。自分のクルマを購入することが現在の目標。
 
林(45)/プロデューサー、牧野の上司。部下に無茶振りした時の反応を観察するのが大好きなS気質。最近、ホンダのフリードを購入したので、週末は家族でお出かけするのが楽しみ。

前回までのあらすじ

「心霊写真っぽい写真」を撮るため、茨城県のS級心霊スポットにやってきた心霊オタク牧野とプロデューサーの林。現役グラビアアイドル佐藤望美さんの協力もあり、1件目の「大洗の幽霊トンネル」では、身の毛もよだつような「心霊写真っぽい写真」を撮ることができた。

果たして、続いての心霊スポットには何が待ち受けているのだろうか。一行は笠間市にある笠間ダムへと向かう。

前編を読まれていない方は「茨城のS級心霊スポットで合成ソフトを使わずに心霊写真っぽい写真が撮れるか試してみた【前編】」も合わせてご覧ください。

心霊スポットその②:自殺した霊が出ると噂のS級心霊スポットへ!

前回、大洗で満足のいく写真が撮れた牧野。一行は大洗町から北関東自動車道に乗り、続いての心霊スポットへと向かいます。

佐藤さんに、行先をナビに入力してもらいます。
林P
牧野君、次はどこへ行くつもりなの?
牧野
次は笠間市にある飯田ダムに行きます。
林P
ふーん、そこはどんないわくつきなの?
牧野
どうやらですね……

豊かな自然に囲まれており、普段は釣り人や家族連れでにぎわうアウトドアスポット。しかし、近くに広がる山林で、その昔自殺者が出たらしく、それ以降夜な夜な女の霊が出没するとのこと。地元の人の間でも有名な心霊スポットのようです。

というわけで、車で約40分。笠間湖・飯田ダムへと着きました。

佐藤
なんだか、見た目は普通のダムですね。
牧野
まあ、昼間ですからね……。

撮影の関係上、夜に来れなかったのは最大の誤算でした。

林P
ここでもさっきの多重露光を使って撮影するのかい?
牧野
いえ、ここではこれを使います。じゃん!

取り出したるはシャボン玉。

林P
シャボン玉なんて何に使うの?
牧野
このシャボン玉が火の玉に見えないかと考えまして、それっぽく撮ってもらいます。
林P
は?

火の玉といえば、心霊オタク界隈(?)では定番中の定番。欧米では”ウィル・オ・ウィスプ”などとも呼ばれており、世界的にも有名な怪奇現象の1つです。(マキペディア情報)

この飯田ダムでは、その火の玉現象を再現するため、シャボン玉をうまく火の玉に見せかけて撮影することにします。

普通にシャボン玉で遊ぶ佐藤さん。かわいい!(フィルムカメラにて)
林P
牧野君、なんかカメラマンを手品師か何かと勘違いしてない? 大丈夫?
牧野
遠くの背景にピントを合わせてぼかす様にシャボン玉を撮ったらそれっぽくなるのではないでしょうか。とりあえず試してみましょう。

というわけで、撮影した心霊写真っぽい写真がこちら

うーん、そのまんまシャボン玉!

遠目で写真を見ると青白い狐火のように見えなくもないですが、見れば見るほど木々の背景にシャボン玉が浮かぶ普通の写真になってしまいました……。

carteacher

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事