トヨタ「CROWN Concept」発表!新型クラウンに日本のサルーンの風格と未来を見た【東京モーターショー最新情報】

トヨタ「CROWN Concept」発表!新型クラウンに日本のサルーンの風格と未来を見た【東京モーターショー最新情報】

 トヨタ自動車は10月25日(水)から11月5日(日)まで行われた、第45回東京モーターショー2017においてクラウンの新型コンセプトモデルである「CROWN Concept」を初披露しました。

「いつかはクラウン」といわれたトヨタの高級サルーンの新型モデルですが、いったい今回のコンセプトモデルではどのような変貌を遂げているのでしょうか。その気になる詳細に今回は迫っていきたいと思います。

新型クラウンにかけるトヨタの意気込み

今回の「CROWN Concept」は、トヨタが描く、将来の車社会における展望を惜しげもなく注いだ1台となっています。トヨタ自動車のサイトによれば、「走行性能の追及」と「コネクティッド技術の進化」を二軸に、1955年の誕生以来の伝統性と、フラッグシップモデルとしての革新性を融合することで、次世代のクラウン、ひいては今後の車社会の展望をお客様に提案するとしています。

具体的には、車としての基本性能の追及をしていきながらも、新たなコネクティッドサービスの導入と普及により、安心安全とカーライフの充実を志向しています。ビッグデータの活用によって、車単体の安全性能だけでなく、街、社会全体の単位で安全性やカーライフの充実を図っていくという、非常に壮大かつ革新的なコンセプトを打ち出しています。

では、「CROWN Concept」の登場によって今後の車社会はどう変わっていくのか。早速その詳細に迫っていきましょう。

次ページ 新型クラウンはフラッグシップとしての威厳

新車情報カテゴリの最新記事