iQベースのアストンマーティン・シグネットに430馬力のV8エンジン搭載!メーカーが本気で製作した究極のモンスターシティカー!

iQベースのアストンマーティン・シグネットに430馬力のV8エンジン搭載!メーカーが本気で製作した究極のモンスターシティカー!

出典元:https://media.astonmartin.com/strongaston-martin-v8-cygnet-the-ultimate-city-carstrongbr%E2%80%8B/

アストンマーティン・シグネットとは?

出典元:https://sv.wikipedia.org/wiki/Aston_Martin_Cygnet#/media/File:Aston_Martin_Cygnet_(82).JPG

トヨタ・iQをベースに開発

トヨタ・iQはかつてトヨタが販売していたコンパクトカーで、当時の世界市場におけるコンパクトカーの流行に対抗するために導入されました。

2008年に販売開始されましたが、その1年前の2007年のフランクフルト・モーターショーですでにコンセプトモデルが発表されています。

全長は2,995㎜と、軽自動車よりコンパクトながらも広い室内空間を確保し、走行性能や安全性能、そして高い質感を感じさせる”マイクロプレミアムカー”として存在感を放った車でした。

惜しまれながら2016年に販売を終了していますが、登場した2008年にはグッドデザイン大賞を受賞するなど、そのデザイン性の高さが高く評価された車でもあります。

そのトヨタ・iQをベースにしてアストンマーティン・シグネットは開発されました。

日本でのトヨタ・iQの発売から一年後の2009年、アストンマーティンによってトヨタ・iQをベースモデルにしたコンセプトモデルの構想の発表があり、市販化されたのは2011年。

シャシー性能の高さやプロポーション、安全性などが評価されてのiQ採用となったようですが、トヨタが海外のAセグメント車に対抗するために開発した車両が採用されたということはトヨタの目論見は成功したといえるでしょう。

十分にその実力は評価されたということになるのではないでしょうか。

ブライトフィニッシュグリルをはじめ専用ボディ外装

もちろんベースはiQとはいえアストンマーティン仕様に大きく変更が加えられました。

ドア、ルーフ、リアフェンダー以外のボディはシグネット専用設計になり、アストンマーティンにふさわしい高級感を兼ね備えたものに。

アストンマーティンの一員であることを示すブライトフィニッシュグリルが大きな存在感を放ち、リアにおいてもアストンマーティン独特のコの字型リアランプが高級感を醸し出します。

iQとは全く違ったイメージを纏った、コンパクトカーながらアストンマーティンの伝統と誇りを体現するエレガントなプレミアムコンパクトカーとなっています。

職人が仕立てたフルレザーの内装

アストンマーティンは特にインテリアには力を入れたようです。プレミアム感のあるフルレザーのインテリアはアストンマーティンならではのクラフトマンシップにのっとって仕上げられ、iQとは一線を画すものに。

豪華ささえ感じさせる雰囲気で、高級小型車としての威厳を放つ仕上がりとなっていました。

Q byアストンマーティンがワンオフ製作したV8シグネットとは?

出典元:https://media.astonmartin.com/strongaston-martin-v8-cygnet-the-ultimate-city-carstrongbr%E2%80%8B/

Q byアストンマーティンとは?

アストンマーティンが誇るビスポーク部門、それがQ byアストンマーティンです。

新車情報カテゴリの最新記事