SUV人気の先駆者、トヨタ・RAV4が3年ぶりに復活!?気になる最新情報をお届け!

SUV人気の先駆者、トヨタ・RAV4が3年ぶりに復活!?気になる最新情報をお届け!
     
   

3月28日に米国・ニューヨークで開かれたニューヨークモーターショー2018にて、トヨタが6年ぶりとなる新型RAV4を世界初公開。さらに2019年に日本市場にも導入されるという発表もありました。

トヨタ・RAV4は現在のクロスオーバーSUVブームの先駆けともいえるSUVです。先代の3代目RAV4は2016年の生産終了。現行の4代目RAV4は日本では未発売だったため、実に3年ぶりとなる復活となります。

果たして新型RAV4はどのようなクルマとなるのでしょうか? 今回はこれまでのRAV4の歴史とニューヨークモーターショーで公開された新型の最新情報や気になる日本発売情報を丸ごとお届けしていきます。

トヨタ・RAV4ってどんなクルマ?

初代トヨタ・RAV4(XA1#型・1994年~2000年)

90年代当時のSUVといえば三菱・パジェロを筆頭としたオフロード向けのクルマというイメージが強かった時代です。そんな中で、RAV4は「アウトドアでも街乗りでも、見て・乗って楽しいクルマ」というコンセプトを掲げて発売された都市型SUVの先駆者でした。

RAV4の歴史は1989年の東京モーターショーにまでさかのぼります。ここで出展された「RAV-FOUR」は、丸目のライトにゴツゴツしたエクステリアデザインと、クロカン車としての側面が強いクルマでした。

その後、1993年の東京モーターショーで改めて「RAV4」と名称を変えてお披露目。翌年の1994年に発売されました。

初代RAV4は5ナンバーに収まるコンパクトなボディと、街乗りを目的としつつも余裕のある最低地上高や本格的な4WDシステムを搭載したことが特徴です。CMには当時人気の絶頂にあったSMAPの木村拓哉を起用したことで、若者を中心に話題に。また、1995年には居住性と利便性を向上させた「RAV4 V」が追加され、若者だけでなくファミリー層からも支持を受けました。

このようにSUV=クロカンという概念を崩したRAV4の成功によって、その後ホンダ・CR-Vやスバル・フォレスターなどのクロスオーバーSUVが各社から続々と登場。現在の世界的SUVブームにまで一大ジャンルのパイオニアとなりました。

2代目トヨタ・RAV4(XA20W型・2000年~2005年)

初代の人気を受けてフルモデルチェンジされたRAV4ですが、2代目は日本国内よりも世界に焦点を合わせて開発が進められたモデルです。

新車情報カテゴリの最新記事