クーペの世界にようこそ!フルモデルチェンジしたアウディ・A5の魅力に迫る

クーペの世界にようこそ!フルモデルチェンジしたアウディ・A5の魅力に迫る
     
   

アウディA5といわれてピンとくる方、そんなあなたはきっと生粋の車好きです。一般的にはA4の知名度に比べて、やや劣るでしょうか。もしくは2ドアクーペがお好きな方や、近年流行りの4ドアクーペにアンテナを張っている方には何をいまさら、というお話かもしれません。

近年のアウディの勢いは目を見張るものがあります。それは皆様ご承知の通りと思いますが、メルセデスやBMWに比べてクーペに関してはやや目立たぬ存在となっているかもしれません。メルセデスですとSLCをはじめそれぞれのクラスにクーペが存在し、そしてやはりBMWもしかりです。メルセデスは比較的それぞれのクラスのクーペを乗っている方は多いと思います。またBMWも6シリーズのグランクーペなどは日本でも大ヒットしました。

しかし、やはりメルセデスやBMW同様、アウディのクーペも素晴らしい出来栄えなのです。日本では数年前、A7は大ヒットを飛ばしましたが、A5もやはり、完成度の高いクーペとなっています。

今回はそのA5にフォーカスを当て、アウディのクーペの魅力に迫ってみようと思います。

フルモデルチェンジしたアウディ・A5はどう変わった?

アウディA5 2.0TFSI quattro sport

車体本体価格 686万円
最大出力 185PS / 5,000-6,000rpm
最大トルク 37.0kgf.m / 1,600-4,500rpm
重量 1,570kg
駆動方式 quattro(4WD)
トランスミッション 7速Sトロニック
タイヤ 245/40 R18

アウディA5はアウディA4をベースに開発され、2007年に発売されました。当初のコンセプトはそれまでのアウディ80をベースとして開発されたアウディクーペ以来の4ドアクーペの復権を目指したものでした。

全長4,625mm、全幅1,854mm、全高1372mmとやや小ぶりなスタイルでA4ベースということもあり、サイズ的にもちょうどよい大きさとなっています。

日本においてはまず3.2L、V6モデルが導入され、年収1500万円以上の富裕層がターゲットとされました。次いで2.0L直噴ターボエンジンと7速Sトロニック、クワトロシステムが追加され、これによって日本においても販売台数は大幅に上昇いたしました。

また、オープンカーのカブリオレと5ドアハッチバックのカブリオレも設定がありますが、カブリオレに関しては2013年より大相撲本場所の優勝パレードカーとしても使用されています。

そしていよいよ2017年の4月に新型A5が満を持して日本においても発売されました。近年のアウディと同様、そのキャラクターラインの強調された、前型よりも増して鋭くなったプレスラインとLEDヘッドライトで、より男性的なイメージを持たせつつも、よりクーペらしい流麗なシルエットとグラマラスなヒップラインを併せ持つ、大人の車として、成熟しています。

単なるA4ベースのクーペとしてではなく、独立したA5としてセダンにはない上質なシルエットと風格を醸し出しています。洗練され、限られた紳士淑女のためのクーペとしての品格を持ちながらも、アウディのスローガンである、「技術による先進」にもある通り、未来を見据え今後の車社会をリードする新機能を多数搭載した先進性をも兼ね合わせた一台となっています。

ワイドかつ立体的なシングルフレームグリルとそこに浮かぶ精悍なヘッドライトからはたくましく男性的な印象を、そしてまっすぐに伸びたキャラクターラインは女性的で美しいシルエットを実現しています。まるで巧緻に作り出された工芸品のような、違いの分かる大人のための車といってもよいかもしれません。

新車情報カテゴリの最新記事