ホンダの元祖ハイブリッドカー、新型インサイトがアメリカでラインオフ!シビックとアコードの間に位置するミドルクラスセダン、気になる燃費性能は?

ホンダの元祖ハイブリッドカー、新型インサイトがアメリカでラインオフ!シビックとアコードの間に位置するミドルクラスセダン、気になる燃費性能は?
     
   

出典元:https://automobiles.honda.com/future-cars/insight-hybrid

新型ホンダ・インサイトの特徴は?

出典元:https://automobiles.honda.com/future-cars/insight-hybrid

ニューヨークモーターショー2018で初公開

2018年3月28日、ニューヨークモーターショーにおいて米国ホンダより3代目となるホンダ・インサイトの新型が発表されました。

インサイトは初代が1999年に登場。世界初の量産ハイブリッドカーとして世界中の注目を集めたトヨタ・プリウスに遅れること2年、満を持しての登場となりました。

プリウスと差をつけたかったのか、インサイトは2シーターでエクステリアデザインはレーシングカーのような印象を受けるものに。

特に印象的だったのはリアのホイールスカートでしょう。とてもホンダらしさを感じさせるものでした。

ルックスのインパクトのみならず、その技術にも注目が集まりました。燃費は当時の10・15モードで35km/ℓを記録し、当時の世界最高水準を誇っていました。

しかし発売7年後の2006年には販売終了となります。

2009年に装いも新たに復活、プリウスを大きく意識したと思われる5ドアになりました。

マイナーチェンジを繰り返しながら2014年まで生産されていましたが、採用していたハイブリッドシステムの旧型化によりまたしても販売終了に。

奇しくも先代と同じく発売から7年後に生産終了を迎えたことになります。

今回、実に4年振りにインサイトが復活するとあってかなりの注目を集めています。

シビックのプラットフォーム、車格はシビックの上位

新型インサイトのプラットフォームにはシビックのものを使用しています。このプラットフォームは2017年に発売の新型シビックの為に新開発されたもの。

最新技術を駆使し、より高剛性化、重量も軽くなり静粛性、高い空両性能を実現した次世代のプラットフォームです。

先代のシビックのプラットフォームよりも大型化し、さらに低重心化、今の時代に適応するロー&ワイドなボディを実現します。

これまでインサイトは5ナンバーでしたが、シビックのプラットフォームを使用することで3ナンバーに変更になると考えられますね。

同じプラットフォームを使用してはいますが、車格としてはシビックとアコードの中間の位置になるようです。

アメリカで発売された新型アコードの弟分のようなデザイン

今回発表されたアコードのコンセプトは、洗練された現代的な感覚とスポーティさが両立するプレミアムセダンということでした。

エクステリアは、アコードの雰囲気に近いものに。

先代よりもかなりスタイリッシュで洗練され、上質感を感じさせる仕上がり。特にリアの印象はかなりスッキリとし、現代版にブラッシュアップされたデザインであることを実感できます。

アコードと同じく、ルーフラインの美しい曲線が印象的です。

1.5リッターエンジンと2モーターの最新ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムは、1.5L直4アトキンソンサイクルエンジン+2モーターを使用した「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載されます。

このシステムは、基本的に街中などにおいての通常の走行ではエンジンを使用せず、モーターで走ります。電気が足りない際にはエンジンを使用して発電し、モーターに電力を送るというもの。

もちろんモードによってはエンジン出力をそのままタイヤに伝えて走ることも可能です。

このハイブリッドシステムの搭載によって新型インサイトには3パターンの走行モードが設定されました。

”NORMAL”、”ECON”、”SPORT”の3つのモードを使い分けることによって燃費の向上や走行環境に合わせた快適な走りをもたらします。

新車情報カテゴリの最新記事