アウディ・Q8スポーツコンセプトがジュネーブで初登場! SUV戦国時代の覇者となれるか?

アウディ・Q8スポーツコンセプトがジュネーブで初登場! SUV戦国時代の覇者となれるか?
     
   

独・アウディ社が、2017年1月のデトロイトモーターショーにてアウディ・Q8コンセプトを、そして同3月のジュネーブモーターショーにてQ8スポーツコンセプトを公開しました。このQ8は、現行のQ7よりもさらに上級モデルで、アウディのSUV車の最上級モデルとなります。 

SUV市場は世界的に見ても年々販売台数が増え続けており、「流行りはSUV」と言ってもいいぐらい各社から続々と新型SUVが登場しています。そんなSUV戦国時代において、アウディQ8は新たな起爆剤となり、SUVの覇者となれるのでしょうか。今回は1月に公開された「Q8コンセプト」と、3月に公開された「Q8スポーツコンセプト」について紹介したいと思います。

 クーペとSUVを融合した最上位モデルQ8コンセプト

今年1月、米・デトロイトで開かれたデトロイトモーターショーで、アウディが「Q8コンセプト」を初公開しました。これは同社の現行SUVモデルであるQ7のさらに上位モデルで、最上位のSUVという立ち位置となります。

デザインは、Q7とほぼ同じボディサイズを保ちつつ、クーペのようなスタイルを合わせたSUVクーペで、内装も、シンプルな上にラグジュアリー感は損なわず、まさに高級車といったインテリアになっています。ライバル車であるベンツ・GLEやBMW・V6を強く意識したモデルであることは間違いありません。

注目すべきはパワープラントで、Q8はPHV(プラグイン・ハイブリット)を採用。出力は449hp、最大トルクは71.4kgmを誇り、100kmまでの加速は5.4秒を記録しています。さらに最高時速は250km/hを記録。エアスプリングサスペンションとセラミック製ブレーキディスクを採用していて、走りへの強いこだわりが見えます。その他ディーゼルエンジン、ガソリン車、ハイブリッドモデル、が発売されるという情報がありますが、現在のところPHV以外のアナウンスはありません。

さらにスポーティなモデル・Q8スポーツコンセプト

このQ8コンセプトをさらにスポーティに発展させたのが、「Q8スポーツコンセプト」です。

その外装は、大型SUVのダイナミックさを損なわず、それでいてスポーティです。また、今までの最上級モデルのQ7と比べて、車高がかなり低く、そのことがさらに迫力を増しています。

インテリアに関しては、パステルシルバーを基調にした落ち着いたデザイン。ファインナッパレザーとヌバックレザーを採用しています。一昔前、レザーと言えば高級車かオプションでしたが、それが今やSUVでも標準となっています。さらに、モニターはスイッチオフ時に、パネルの中に溶け込むように設計されていて、他の内装とも調和します。

内装に関して特筆すべきは、ラゲージスペースに630Lもの容量を確保していて大型スーツケースなども積載可能な点です。そのラゲージスペースの広さから、4人乗りになっています。

新車情報カテゴリの最新記事