ホンダ・ステップワゴンの純正コンプリートカー、モデューロXが人気のスパーダ顔で登場!新型はハイブリッドモデルも追加!

ホンダ・ステップワゴンの純正コンプリートカー、モデューロXが人気のスパーダ顔で登場!新型はハイブリッドモデルも追加!
     
   

出典元:https://motor-fan.jp/article/10003884

ホンダのステップワゴン モデューロXがマイナーチェンジを行って12月20日に販売開始しました。

マイナーチェンジを行ってどのように変わったのか、また他のライバル車と比べてスペックの違いはどのようになっているのか等々をお伝えいたします。

新型ホンダ・ステップワゴン モデューロXの特徴は?ベース車とはどこが違う?

出典元:https://dressup-navi.net/parts/36348/

ステップワゴン モデューロXは、ステップワゴンをベースにしたコンプリートカ―です。

今回発売になったステップワゴン モデューロXの特徴とベース車との違いを以下に記します。

スパーダ/スパーダ ハイブリッドG EX ホンダセンシングがベース

ステップワゴン モデューロXがベースとしているのは、ステップワゴン スパーダ ハイブリットG EX ホンダセンシングになります。

スパーダ系は販売の7割を占めている上級モデルで、ここから更にコンプリートカー仕様にチューニングされます。

その為エクステリア、インテリア共に高価なパーツが使用されていたり、外観やスペックもベース車よりも上質なものになります。

モデューロX専用エアロとサスペンション

今回の新型ホンダ・ステップワゴン モデューロXには、専用に製作されたエアロバンパーとサスペンションが使用されています。

エアロバンパーは風を車体の下に流しリフトバランスを安定させ、非常に安定感のあるドライビングを楽しむことができます。

専用サスペンションは路面の段差を走っていても揺れをあまり感じさせず、車内で快適に過ごすことができるように設計されています。

どちらもドライビング中の車内の快適さを大幅にアップさせる専用パーツなので、ストレスのない運転ができそうです。

モデューロX専用内装、プレミアムインターナビ装着車は専用オープニング画面も

一方インテリアはピアノブラック調ディンプルレザーやスムースレザーを織り交ぜることによって、非常に上質な印象を与えます。

プレミアムインターナビを装着している車では、「モデューロX」のロゴと車のフロント部分が浮き上がる専用オープニング画面が用意されています。

またシートの上部にも「モデューロX」のロゴが入っている為、インテリアにおいても個性を際立たせた仕様になっています。

マイナーチェンジ前のモデューロXとの違いは?

マイナーチェンジを行ったモデューロXですが、その前後でどこが変わったのでしょうか。

まず一番大きい点としてハイブリット車もラインナップに入っているところです。その為JC08モードでの燃費は25.0km/Lを達成しました。

燃費は今回のマイナーチェンジでの大きな売りのようで、公式ホームページには

踏み込んだ瞬間から驚きの加速。その上、低燃費

新車情報カテゴリの最新記事