fbpx

【国産車大図鑑~セダン編】ジャンル別に各メーカーのラインナップを完全網羅!これで初めての車選びも迷わない!

【国産車大図鑑~セダン編】ジャンル別に各メーカーのラインナップを完全網羅!これで初めての車選びも迷わない!
     
   

出典元:https://s1.cdn.autoevolution.com/images/news/gallery/2013-lexus-ls-sedan-photos-leaked-photo-gallery_1.jpg

セダンとは

出典元:http://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/image/pic_main_visual.jpg

セダンとは、誰しもが思い浮かべる車の一番基本的な形となります。
ボンネットがあり、ドアは4枚、後席の後ろにはトランクがついている、といった形状で、現代においてはいわゆるおじさん車として人気はSUVなどに押されつつありますが、それでもなお御料車や公用車など、オフィシャルな用途では現在でもこの形が主流となっています。

日本の交通環境にマッチしたコンパクトセダン(BCセグメント)

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/36/Toyota_COROLLA_Axio_HYBRID_G%22W%C3%97B%22_%28DAA-NKE165-AEXEB%29_front.jpg/1200px-Toyota_COROLLA_Axio_HYBRID_G%22W%C3%97B%22_%28DAA-NKE165-AEXEB%29_front.jpg

コンパクトセダン(BCセグメント)とは

コンパクトセダンとは、全長4,200mmから4,400クラスの小型のセダンのことを指します。
取り回しに優れ、かつセダンタイプであるため運転もしやすく、営業車やお年を召した方が乗るケースが多くなっています。

トヨタ・カローラ アクシオ

カローラアクシオはいわゆる大衆車として最も売れた車、カローラシリーズの後継にあたります。

プリウスにその座を奪われるまでは常に販売台数トップの座を守り続け、今でも自動車のスタンダードとして人気があります。

スバル・インプレッサG4

インプレッサG4はスバルの得意とするスポーツドライビングを前面に押し出したコンパクトセダンです。
水平対向エンジンやパドルシフトなど、車好きにはたまらない装備、ギミックが目白押しで搭載されており人気があります。

万能タイプのミドルサイズセダン(CDセグメント)

出典元:http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/022500798/0225_fig1.jpg

ミドルサイズセダン(CDセグメント)とは

ミドルサイズセダンはおおよそ全長4,400mmから4,600mmのサイズが主流となっています。
ある程度後席にも余裕ができ、またその車としての特徴も様々です。

トヨタ・アリオン/プレミオ

アリオン・プレミオはトヨタのミドルクラスセダンとして、人気があります。
クラウンほど大きくなく、取り回しもしやすく安心して運転でき、かつ余裕のあるサイズ感となっています。
実は、海外で意外な人気があり、中古車相場は比較的高値で安定しています。

トヨタ・プリウス

皆さんもご存知のハイブリッドカー、プリウスですが、実はセダンタイプの車です。
燃費は大変良く、またフルモデルチェンジによってスポーティになりました。
燃費が良いため営業車としても多数採用されています。

ホンダ・シビック

こちらは晴れて復活を果たした往年の名車シビックです。
やはり、復活を待つ声は多変大きく、その期待を反映して人気車種となっています。
ダウンサイジングターボエンジンを搭載しており、近年の流行を敏感にとらえています。
走りにこだわるホンダの代表的スポーツセダンです。

マツダ・アクセラ

アクセラはマツダのミドルクラスセダンです。
ディーゼル車の設定やMTの設定など、男心をくすぐる装備と欧州車を彷彿とさせる大胆なデザインで人気があります。

スバル・WRX

WRXはスバルがその技術の粋を注ぎ込んで作り上げた結晶ともいうべきピュアスポーツセダンです。
ターボエンジン、四駆、水平対向エンジンと、だれもが一度は乗ってみたいスポーツセダンとして憧れの存在です。

関連記事:マイナーチェンジでD型に進化したスバル・WRX S4/STI!新型の変更点や燃費・装備の違いをグレード別に徹底比較!

上級志向のアッパーミドルセダン(Dセグメント)

出典元:https://lexus.jp/models/is/images/gallery/movie/l/test_drive_is200t.jpg

アッパーミドルセダン(Dセグメント)とは

アッパーミドルセダンとは、おおよそ4,600mm以上のクラスの高級セダンになります。
このクラスになるとスポーティな車とラグジュアリーなクラスに二極化していきます。
駆動方式はこのクラスからは後輪駆動の方式が多くなります。

レクサス・IS

ISは高級車ブランドレクサスのスポーツセダンになります。
ISとはインテリジェントスポーツの略で、その先進性とスポーティさからとられた名前となっています。
ターボ車、ハイブリッド車、NAと多彩なエンジンが用意されており、また過去には5,000ccのモンスターカー、ISFも販売されていました。

トヨタ・マークX

こちらはトヨタのミドルクラスセダン・マークXです。
マークⅡからの伝統を汲みながらも、若者にも対応するスポーティな一面も併せ持つ万能セダンです。
スポーツ仕様であるG’sでは、マニュアル車の設定もあり、コアな層の支持を得る車となって得います。

トヨタ・カムリ、ダイハツ・アルティス

こちらは同じくトヨタのFFセダンです。
マークXに比べるとややオーソドックスな作りとなっており、よりラグジュアリーさが強い志向となっています。
FFであるため後席や荷室のスペースが広く取られており、使い勝手もよく利便性に優れたセダンとなっています。

日産・スカイライン

こちらは日産のスポーツセダン・スカイラインです。
FRターボエンジンやハイブリッド車、NAエンジンの設定と、競合車種はISとなることが国産では多くなります。
日産のスカイライン、そしてGT-Rの伝統と技術を受け継ぐピュアスポーツカーです。

ホンダ・アコード

こちらはホンダのミドルクラスセダン・アコードです。
内外装もラグジュアリーで気品があります。
2モーターを駆使したハイブリッドシステムで、十分すぎる走りを見せてくれます。

マツダ・アテンザ

マツダのフラッグシップセダン、アテンザはその上質な内外装と卓越した走りでドライバーの五感を刺激してくれます。
こちらもアクセラ同様、マニュアル車やディーゼル車の設定があり、車好きにはたまらない一台となっています。

スバル・レガシィB4

レガシィB4はスバルのミドルクラスセダンです。
インプレッサよりも増して走りと内外装の上質さを追求し、一段上の大人のセダンでありながらも、その走行性能もしっかりとした走りを見せてくれます。

高級車の代表格、プレミアムセダン(Eセグメント)

出典元:http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20170730/79/7699419/25/1280x640x0859264f42f9161033a6e17.jpg

プレミアムセダン(Eセグメント)とは

プレミアムセダンとは、いわゆる各自動車メーカーのフラッグシップモデルであったり、プレミアムブランドの主要セダンであったりします。
このクラスになるとボディサイズも大きめで4,800mm以上のものが多くなり、またそれに伴って排気量も大きくなるのが特徴です。

レクサス・GS

レクサス・GSはトヨタ自動車のプレミアムブランド・レクサスが展開するラインナップの中でも最もスタンダードなセダンのうちの一つです。
内外装ともに洗練され、内装にはふんだんにアルミやウッド、本革が使用されています。
排気量も2.0Lターボ、2.5Lハイブリッド、3.5L NA、3.5Lハイブリッドと多岐にわたります。

トヨタ・クラウン/クラウン マジェスタ

「いつかはクラウン」と誰しもがあこがれたトヨタの高級サルーンです。
内外装ともに上質な作りでその走りも洗練されています。
日本の道路環境に合わせたサイズ、そしてエアーサスペンションの採用で、まるで空飛ぶ魔法のじゅうたんに乗っているかのような乗り心地を鯵合わせてくれます。
公官庁の公用車や企業の役員車にも多数採用されており、まさに日本の最高級セダンとなっています。

日産・フーガ

クラウンと長年のライバル関係にあったセドリック/グロリアの後継モデルとして登場した日産の高級セダンです。
クラウンよりもダイナミックなボディラインを採用し、海外ではインフィニティブランドのモデルとして販売されています。

ホンダ・レジェンド

スポーツハイブリッドSH-AWDなどの先進技術を搭載したホンダのフラッグシップセダンです。
海外ではアキュラブランドのモデルとして展開されている一方、国内では先代モデルが2012年に販売終了となり絶版となっていましたが、2015年に復活しました。

関連記事:ホンダ・レジェンドがマイナーチェンジ!競合車種の日産・フーガと徹底比較してみよう

リアシートはまさに走るファーストクラス、フラッグシップセダン(Fセグメント)

出典元:http://response.jp/imgs/thumb_h2/1160917.jpg

フラッグシップセダン(Fセグメント)とは

フラッグシップセダンとは、各メーカーの旗艦モデルのことを指し、そのメーカーの技術力をフルに生かして開発されたセダンです。
どのメーカーも最高級車種ということでコストを存分にかけ、最高の一台を作るために切磋琢磨しています。

そして生まれたセダンはどの車も非常に素晴らしい車種ばかりです。

レクサス・LS

レクサス・LSはレクサスのフラッグシップセダンです。
最近のフルモデルチェンジではエンジンのダウンサイジングを受けて、3.5Lツインターボエンジンへと進化しました。
ハイブリッド車の設定もあり、そちらは3.5Lマルチステージハイブリッドという新しいハイブリッドエンジンとなっています。
全車エアサス設定でリヤシートにはグレードによってはマッサージ機能までついてきます。
ショウファードリブンカーとして最上のおもてなしをしてくれる国産最高峰の車となっています。
いかがでしょうか。

日産・シーマ

日産のフラッグシップセダンがシーマです。
以前は専用デザインのボディを採用していましたが、現行モデルはフーガのストレッチバージョンとなっています。
塗装工程においては熟練職人による水研ぎ作業を行うなど、仕上げ作業が念入りに行われます。

皆様もぜひ、奥深いセダンの世界へ足を踏み入れていただければ幸いです。

新車情報カテゴリの最新記事