広さ自慢のハイトールワゴン。王者N-BOXとダイハツ・ウェイクで室内の使いやすさを徹底比較!

広さ自慢のハイトールワゴン。王者N-BOXとダイハツ・ウェイクで室内の使いやすさを徹底比較!

ボディサイズが制限される軽自動車ながらも、驚くほど広い室内空間が魅力のトールワゴン。その中でもいわゆる軽ハイトールワゴン(ハイトワゴン)と呼ばれる分野は、絶大な人気を誇っており、国内での販売台数が最も多い車種でもあります。

その人気の秘訣は高い室内高による開放的な居住スペースと、豊富なシートアレンジ、そして両側スライドドアでしょう。もちろん軽自動車ならではの経済性も加わり、子育て中のファミリーにとってこれ以上適した車種はありません。また、自転車やアウトドア用品をドッサリ積み込んでのレジャーにも重宝されている、まさにオールマイティーな車なのです。

代表的な車種と言えば、2年連続で軽自動車の販売台数トップを誇るN-BOXを始め、ミラクルオープンドアが人気のダイハツ・タント、低燃費が自慢のスズキ・スペーシア、そして日産のデイズルークスというところが主ですが、ここに変わり種のモデルとして加わったのが、タントと同じくダイハツが発売するウェイクです。その最大の特徴1,835㎜というN-BOXをさらに上回る全高。「軽はまだ広く出来るのか!」と話題になったのです。

今回の記事では「広さと使い勝手なら負けない!」ホンダのN-BOXと、とにかくデカイダイハツ・ウェイクを比較して、 本当に使えるのはどっちかを検証してみました。

N-BOXとウェイク、互いにウリの室内空間はどちらがいい?

photo by 本田技研工業株式会社
photo by ダイハツ工業株式会社

ウェイクの全高である1,835mm、室内高1,455mmというのは、クラスでも背が高い部類のN-BOXを越えてもはやミニバン並みです。まさに”ドデカイ”空間がウェイクの持ち味といえるでしょう。

後席で差が出る室内高

居住性を比べてみると、前席では頭上空間こそウェイクが上回りますが、N-BOXでも十分な広さがあって快適性に差はありません。前席だけでいえば、ウェイクの室内高はあまり意味はないのです。ただし、フロントガラスの上部がN-BOXより高い位置になるので見晴らしは確かに良いといえます。

  全高 室内高
ウェイク 1,835mm 1,455mm
N-BOX 1,780mm 1,400mm
ステップワゴン 1,840mm 1,425mm

後席はどちらも左右独立式のスライド機能が備わるので、このあたりの使い勝手に差は無い様子です。異なるのは後席の居住性。両車とも十分な広さで、後席の膝先空間は大人4名が乗車しても余裕があり、後席の前後方向の足元空間は、ともに普通車を含めても最大級で、ミニバンとも大差はありません。頭上空間の55mmの差は前席より後席の方が実感できて、確かに開放感は違うはずです。

次ページ ラゲッジスペースの使い勝手はどうか

carteacher

評価レビューカテゴリの最新記事