進入禁止標識と天下一品のロゴを誤認識!?Honda SENSINGの標識認識機能は本当に優秀なのか実験してみた

進入禁止標識と天下一品のロゴを誤認識!?Honda SENSINGの標識認識機能は本当に優秀なのか実験してみた
[PR by Ibarakiken Honda cars]

※お詫び:記事内の進入禁止標識について誤って「一方通行」と記載しておりました。お詫びして訂正いたします。

こんにちは、イキクル編集部の牧野です。

さて突然なのですが、先日SNSを徘徊していたところ、とても気になる投稿を発見しました。

それがこちらです。

こちらのツイートは昨年の12月に投稿され、約1万4000リツイートされた投稿です。

Honda SENSING(ホンダセンシング)といえば、ホンダが誇る最新安全技術。昨年夏にフルモデルチェンジしたN-BOXにも標準装備されており、上の投稿も新型N-BOXでの一幕だったようです。

一方、天下一品と言えば、京都を発祥とするラーメンチェーン店。ドロっとした「こってり」スープが特徴で、一度食べたらやみつきになるラーメンです。もちろん私も大好きです!!

しかし、ここで疑問が1つ。進入禁止標識と天一のロゴ、確かに似ていますが、こんなことが本当に起こりうるのでしょうか? ホンダセンシングは優秀な機能であるのは間違いないはずですが、もし頻繁に発生してしまうのであればホンダさんにセンシングの改良を申し出なければなりません。

そこで、思いつきました。「じゃあ、実際にN-BOXに乗って天一に行って試してみよう!」

ホンダのスタッフさんにインタビュー!

早速、いつものようにホンダのお店に実験用のクルマを借りに行きます。今回お邪魔させていただいたお店は茨城県筑西市にある「ホンダカーズ筑西 関城店」。

ホンダカーズ筑西 関城店

お借りしたクルマはもちろん、N-BOX Custom! 検証実験を行うため、上のTwitterの方が乗られているものと同じタイプのものである「G・EX ターボ Honda SENSING」をお借りしました。

N-BOX Custom

これで早速実験!……と行きたいところですが、その前に! ホンダセンシングがどういう機能を持っているのか改めて詳しく知っておく必要があります。そこで、ホンダカーズ筑西の松村さんにお話を伺うことにしました。

ホンダカーズ筑西 関城店の松村さん
carteacher

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事