fbpx

マツダ・CX-8が鮮烈デビュー!新感覚フラグシップSUVとなるか!?【東京モーターショー最新情報】

マツダ・CX-8が鮮烈デビュー!新感覚フラグシップSUVとなるか!?【東京モーターショー最新情報】
     
   

CX-8のインテリア:こだわりが感じられる内装と広々した3列シート

CX-8のインテリアは、上質さにこだわり、3列全ての乗員が心地さを感じられるよう細部にまで凝って造り込まれています。路面からのノイズや風切音の抑制するために要所に吸音材を採用。全ての乗員が難なく会話できる静かな車内空間、3列どのシートに身を沈めても快適な座り心地を得られるようなシートの設計や足元のスペースの確保などに念を入れて設計されています。

乗り心地は勿論のこと、内装のディティールにも多様な意匠をこらしています。サテンクロームメッキで引き締められたフロントコンソール、柔らかなアームレストを備えた大容量のコンソールボックス、セカンドシートに採用されたシートヒーター、本物の木材を利用したインパネのモダンで温かみのあるデザイン、ナッパレザーによる触感の良いシート、と細やかな乗員の快適性への気遣いが感じられます。

3列目でも意外と広さに余裕がありました(牧野)

SUVの大切な要素である機能性はどうでしょうか。CX-8は3列目を倒した状態での荷室容量で既に後席を畳んだCX-5よりも大きい572Lもの容量があり、それは2列目シートも畳むことでさらに拡大します。リアドアの開度を最大80°にすることで2、3列目への乗り降りだけでなく大きな荷物の積み込みもスムーズに行えるようになっています。また2列目シートをスライドさせると3列目搭乗者も体を無理に捩じらせることなく乗り降りできるだけの乗降スペースを確保できています。

また、車内のスピーカーはBoseと提携し、3列どのシートに座っていても同じ音質で音楽を楽しめるよう、バランスよくクリアなサウンドを実現するサラウンドシステムをオプションで搭載できます。

コックピットにも快適性や安全性が追及されています。高級車によく採用されるオルガン式アクセルペダルにより足首に余計な負担がかからず、ロングドライブでも疲れにくくなっています。センターディスプレイを中央上方に設置しているだけでなく、オプションのアクティブ・ドライビング・ディスプレイによりフロントガラスに交通標識認識システムによる標識表示や車速などの情報を照射することもでき、視点移動を軽減しドライバーの安全運転に貢献しています。

次ページ CX-8の走行性能:さらに進化したSKYACTIV技術

新車情報カテゴリの最新記事