シトロエンの上級ブランドDSから、フランス大統領の公用車でもあるDS7クロスバック国内発売!意外と手頃な価格のフラッグシップSUVのサイズ・スペックは?

シトロエンの上級ブランドDSから、フランス大統領の公用車でもあるDS7クロスバック国内発売!意外と手頃な価格のフラッグシップSUVのサイズ・スペックは?
     
   

出典元:https://web.dsautomobiles.jp/ds7-crossback/?utm_source=gsearch&utm_medium=SEA_SDF&utm_campaign=2018_07_ds7_vn_always-on+search_promo_permanent_ds_jp_central_sea_sdf_ld

DS7クロスバックの特徴は?

出典元:https://web.dsautomobiles.jp/ds7-crossback/?utm_source=gsearch&utm_medium=SEA_SDF&utm_campaign=2018_07_ds7_vn_always-on+search_promo_permanent_ds_jp_central_sea_sdf_ld

DS独立後初のフラッグシップ誕生

記念すべきDS初のフラッグシップとなるDS7クロスバックがついに2018年7月17日、日本でも発売になりました。

というと「あれ?シトロエンDSのD5が今までフラッグシップとしてあったから初ではないのでは?」と思う方もいらっしゃることでしょう。

シトロエンDSは、これまでの自動車の歴史の中においても燦然と輝く名車のうちの一つです。実際に1999年には、20世紀の名車ランキングにおいて3位の最大な自動車に選定されています。

未だに高い評価をうけるそんなシトロエンDSが誕生したのは1955年。当時は”異次元の自動車”との異名を取り大人気を博し、一気に競合他社を引き離します。1975年まで生産されました。

シャルル・ド・ゴールフランス第18代大統領が愛用していたことでもよく知られているのではないでしょうか。

そんな名車であるシトロエンDSを復活させようとシトロエンは2009年にサブブランドとしてDSオートモービルズを発足。

2010年初頭にシトロエンDS3が誕生します。その後2010年内にDS4、2011年にはこれまでのフラッグシップであるDS5が発表されました。

そしてシトロエン誕生60周年にあたる2015年、DSオートモービルズは単独ブランドとしてシトロエンから独立しました(ブランド誕生イベントなどが行なわれ発表されたのが2015年、正式には2014年に発足していたようです)。

トヨタとレクサスのような関係といえばわかりやすいのではないでしょうか。

従って、DSオートモービルズとして独立してから誕生した初DSがDS7クロスバックとなるというわけです。しかもDS5よりも上級モデル、フラッグシップとしての登場となりました。

1.6Lのガソリンエンジンと2.0Lのクリーンディーゼル搭載

注目のDS7クロスバックに搭載されるパワートレインは2種類、新開発のガソリンエンジンとクリーンディーゼルという設定になりました。

ガソリンエンジンは1.6L4気筒ピュアテックターボ、最高出力165kW[225ps]/5,500rpm、最高トルク300Nm/1,900rpmという数値になっています。

これはDS3のハイパフォーマンスモデルであるDS3パフォーマンスのエンジンをベースに新開発されたもの。微粒子フィルタを採用し、高い性能は保ちながらも厳しい欧州排ガス浄化基準6.2をクリアしています。

クリーンディーゼルは2.0L4気筒のターボBlue HDi180が採用され、最高出力130kW[177ps] / 3,750rpm、最高トルク400Nm/2,000rpmを発揮します。

トランスミッションにはPSAグループ初となる8速オートマチックが搭載されました。

アクティブLEDビジョンをハイライトとする独創的な外装

フランス、特にパリといえばファッションの流行の発信地ともいわれ、パリコレクションなどのファッションショーなども行われる洗練された都市として世界的によく知られてるのではないでしょうか。

DS7クロスバックもそんなフランスの誇りを体現する気品とエスプリを兼ね備えた個性的なエクステリアとなっています。

今回ヘッドライトはフルLED化し、DSアクティブLEDビジョンとして優れた視認性を確保するインテリジェントシステムとして搭載されていますが、注目したいのはそのエクステリアにおける存在感。

リモコンキーによるアンロック時には、LEDがパープルに輝きながらランプのひとつずつが時間差で180度回転してオーナーを迎えてくれます。

機能面ではもちろんのこと、ルックス面でもエクステリアのハイライトとなり芸術的なまでの美しさを演出します。

欲を言えばオプションでボディカラーに合わせてこのカラーが変更出来たら最高だと思いましたが、なかなか難しいようです。

もちろんSUVであるアグレッシブさも忘れてはいません。大型のフロントグリルが迫力を醸し出し、その秘めた実力を予感させます。

バスティーユ、リヴォリ、オペラを意匠とする内装デザイン

インテリアももちろん特別なものに。”インスピレーション”と呼ばれるテーマを持ったインテリアは、日本仕様ではバスティーユ、リヴォリ、オペラの3種類が用意されました。

新車情報カテゴリの最新記事