アウディ・A3/Q2が一部改良で新しいグレード名称ルールに変更!Q2は特別仕様車の#コントラストリミテッド発売!

アウディ・A3/Q2が一部改良で新しいグレード名称ルールに変更!Q2は特別仕様車の#コントラストリミテッド発売!
     
   

出典元:https://www.audi-mediacenter.com/en/press-releases/two-numbers-to-signify-the-future-new-power-output-designations-at-audi-9255

アウディの新しいグレード名称ルールとは?

排気量+TFSIから出力レベル+TFSIへ

出典元:https://www.audi-mediacenter.com/en/press-releases/two-numbers-to-signify-the-future-new-power-output-designations-at-audi-9255

2017年にアウディから発表された新グレード名称ルール。命名基準を一新し、導入はグレーバルレベルで行うと発表されました。

アウディはこれまで数字+エンジンの種類、というグレード名称ルールで、数字部分には排気量を示す数字が割り当てられていました。

今回の新名称でも、数字+エンジンの種類、という基本構成に変化はありません。じゃあ何が変わったの?というところですが、実は数字部分の数値が今後は出力レベル(kW)を表すようになったのです。

これはガソリン(TFSI)、ディーゼル(TDI)、g-tron、e-tronに共通で使用されるということですが、アウディのハイスペックモデルであるRS、SグレードとスポーツカーのR8ラインは例外になるということ。

RS、Sグレード、そしてR8においては従来通りの呼称方法が用いられます。

その他モデルにおいては今後は出力レベル別に数字が割り当てられ、モデル名の数字でどの出力レンジかわかるようになります。

例を挙げると、81kW~96kWには「30」、169kW~185kWであれば「45」という具合です。「70」は400kW以上のアウディのトップレンジに割り当てられます。

モデル名でおおよその出力レベルがわかるのは嬉しいですが、慣れるまでは違和感を感じる、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

すでに新型A7スポーツバックとA8で導入

いずれも2018年の9月5日に日本導入が開始された新型のA7、A8にはすでに新呼称ルールが適用されています。

A7スポーツバックは55 TFSIクアトロ(250kW)、A8は 55 TFSI (250kW)クアトロと 60 TFSI (338kW)クアトロがラインナップされました。

今後新型が登場するモデルは順次この呼称ルールに切り替わっていきます。

グレード名=排気量は今や昔

かつては排気量がグレード名、というのが主流でした。少し前までは3000GTや4500GTなどという呼称に憧れを抱いた車ファンも少なくないでしょう。

乱暴にいってしまえば20年前ごろまではエンジン=ガソリンという時代でもあり、今ほど車に関する技術も発達していなかったため、大排気量=ハイパワーという図式が成り立っていました。

ところが今はどうでしょうか。ガソリンエンジンももちろん存在していますが、今やハイブリッドシステムが主流になりつつあります。EV車(電気自動車)も各社がしのぎを削って開発しており、一般に浸透し始めていますね。環境性能、燃費性能のいいクリーンディーゼル車も存在感を増しているといえるでしょう。

ガソリンエンジンにおいても技術が発達し、ターボやスーパーチャージャーを搭載しダウンサイジングしたものも多くなりました。もはや排気量=パワーという図式が成り立たなくなってきています。

新車情報カテゴリの最新記事